40~50代の美しい“年上女性”、男性が重視するのは「実年齢」より「肌年齢」 | RBB TODAY

40~50代の美しい“年上女性”、男性が重視するのは「実年齢」より「肌年齢」

エンタメ 調査

調査結果の概要
  • 調査結果の概要
  • スキンケアシリーズ『米肌~MAIHADA~』
 40~50代を迎えても、年齢を感じさせない若々しい女性が増えている。さらには「歳の差カップル」「歳の差婚」が話題になったり、男性タレントが「年上女性がタイプ」と公言するなど、昨今「年上女性」ブームが起こっている。

 プロビジョンは4日、「現役年齢」および「年上女性」に関する意識調査の結果を発表した。「現役年齢」に関する調査は、30~59歳女性4,700名が対象で、調査期間は10月15日~19日。「年上女性」に関する調査は、20~39歳男性300名が対象で、調査期間は11月21日~26日。

 まず、30~50代女性4,700名に「10年前と比べて、実年齢よりも若々しい女性が増えていると思いますか?」という質問をしたところ、実に93%が「思う」と回答した。さらに「現在の女性の“現役年齢”は何歳までだと思いますか?」と聞いたところ、その平均は「56歳」となった。なお、同じ女性たちに「10年前、女性の“現役年齢”はいつまでだと思っていましたか?」と質問したところ、平均回答は「46歳」。現役年齢が伸びてきている傾向が明らかとなった。

 次に、20~30代男性300名に「40代以上の女性に対して魅力を感じたことがありますか?」と質問すると、「ある」と答えた人は58%と過半数超え。さらに、「最近の40~50代の女性を見て、年齢を重ねても、女性として“現役”である人が増えていると感じますか?」という質問には、63%の男性が「そう感じる」と回答した。また、「『年上女性』ブームの背景には、いつまでも女性として“現役”でい続ける40~50代の増加があると思いますか?」という質問には、54%が「そう思う」と回答している。

 そこで、あらためて、具体的にどのような点を魅力的だと思ったかを聞いたところ、「年齢を感じさせない見た目でありながら、話などは若い人より楽しい」「肌のツヤやハリを保っていて若々しく、経験を重ねた大人の落ち着いた感じがある」などの回答が寄せられた。実際に、「年齢を重ねても、女性が女性として“現役”である上で、見た目の若々しさは重要なポイントだと思いますか?」という質問には、実に87%の男性が「そう思う」と回答している。ちなみに、「見た目の若々しさをチェックするポイントはどこですか?」という質問に対しては、「肌」(81%)という回答が圧倒的に多く、次いで「髪の毛」(40%)、「手の甲」(34%)などが上位となっている。

 さらに、「女性の魅力を判断する上で、“肌年齢(肌の見た目年齢)”と“実年齢”では、どちらをより重視しますか?」という質問には、「“肌年齢”をより重視する」が40%、「“実年齢”をより重視する」が24%という結果となり、“実年齢”よりも“肌年齢”のほうが重要と考える男性が多数派だった(「どちらも同じくらい」が36%)。また、それを裏付けるように、「肌がボロボロの20代と、肌がキレイな40代では、どちらを支持しますか?」という質問においては、「肌がキレイな40代」(34%)の支持率が、「肌がボロボロの20代」(29%)を上回っている。

 調査元であるプロビジョンは、「近年の年上女性は、単に嗜好の変化によって年配の女性が好きな男性が急増したことによるものではなく、女性の“現役年齢”が延びたことで、女性として魅力的な40~50代が増えたことによる当然の流れなのでは」と分析している。

 またプロビジョンでは、「ライスパワー エキスNo.11」「大豆発酵エキス」「ビフィズス菌発酵エキス」を配合したスキンケアシリーズ『米肌~MAIHADA~』を製造・販売している。現在『米肌』のオンラインショップでは、今回の調査結果を紹介した特設ページを公開中。特設ページでは、今回の調査を4コママンガ風に纏めたイラストも公開している。12月10日には、「女性のスキンケア」の実態をテーマにした意識調査の結果も紹介予定だ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top