海氷観測の超小型衛星「WNISAT-1」、11月21日に打ち上げ決定 | RBB TODAY

海氷観測の超小型衛星「WNISAT-1」、11月21日に打ち上げ決定

  ウェザーニューズは11月5日、超小型衛星「WNISAT-1」の打ち上げ日時を発表した。日本時間11月21日16時10分11秒(07:10:11 UTC)に正式決定した。予備日は翌日11月22日の同時刻。

ブロードバンド その他
ロシアでの動作試験の様子
  • ロシアでの動作試験の様子
  • 「WNISAT-1」の外観
  • ロケットの表面に並べて貼られるロゴ
  ウェザーニューズは11月5日、超小型衛星「WNISAT-1」の打ち上げ日時を発表した。日本時間11月21日16時10分11秒(07:10:11 UTC)に正式決定した。予備日は翌日11月22日の同時刻。

 超小型衛星「WNISAT-1」(大きさ27×27×27センチメートル、重さ約10kg)は、北極海域の海氷を観測し、航行する船舶へのサポートを強化するために開発された衛星。青色、緑色、赤色の可視光バンドと近赤外光バンドのカメラを搭載しており、北極海の海氷の状態を高頻度で観測できる。観測結果はウェザーニューズが海氷の分布予測のために利用する。

 今回、ロシア・ヤースヌイ宇宙基地から、ドニエプルロケットにより“ピギーバック(余剰能力の相乗り)方式”で打ち上げられることが決定した。現在は、現地にて打ち上げに向けた最終調整を実施中。ロケットの表面には日本国旗、WNIWAT-1ロゴ、ウェザーニューズのロゴが並べて貼られる予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top