瑛太、ディズニー声優初挑戦の裏に“運命的”なオファー | RBB TODAY

瑛太、ディズニー声優初挑戦の裏に“運命的”なオファー

エンタメ 映画・ドラマ
ディズニー/ピクサーの新作アニメ映画『プレーンズ』日本語吹き替え版の主人公の声優に決定した瑛太
  • ディズニー/ピクサーの新作アニメ映画『プレーンズ』日本語吹き替え版の主人公の声優に決定した瑛太
  • 『プレーンズ』は12月21日公開
 今冬公開されるディズニー/ピクサーの新作アニメ映画『プレーンズ』日本語吹き替え版の主人公の声優を、俳優の瑛太が担当することが決定した。瑛太は今回が初のアフレコ挑戦となる。

 同作は、飛行機のくせに高所恐怖症という主人公・ダスティの物語。レース用飛行機ではなく農場の農薬散布機であるにもかかわらず、世界一周レースでの優勝を夢見て出場するダスティの“夢をかなえる勇気”を描いた感動作だ。ディズニー/ピクサーの傑作『カーズ』シリーズの世界観にインスピレーションを受けて制作された新作で、ダスティを支える個性豊かな飛行機キャラクターや、『カーズ』シリーズを思わせる車キャラクターの仲間たちが多数登場する。

 『カーズ』シリーズの大ファンだという瑛太は、カーズの世界につながる『プレーンズ』の主人公の声優に挑戦することについて、「自分にとって大きな夢のひとつ。お話しを聞いた時はとても嬉しかった」そうで、大きな夢に挑戦するダスティ同様「これは挑戦しなきゃいけないことだ! と感じました」とコメントした。

 今回が声優初挑戦となる瑛太。なんと今回のオファーがあった前日には息子と『カーズ2』のDVDに収録されている『プレーンズ』の予告編を観ながら「(公開が)楽しみだね」と盛り上がり、その翌日家族でディズニー・シーへ遊びに行ったという。家に帰ったらすぐに同作の声優の件の連絡があったそうで、「運命的なものを感じました」と振り返った。

 ディズニー映画の主人公の声を担当することについては、「最初は、嬉しいという気持ちが先行しましたが、少しずつ声優としての実感も湧き、プレッシャーも感じています。ディズニー作品の主人公は、子供にも大人にも愛されるキャラクターなので、大きな責任を感じます」と意気込みを語っている。

 映画『プレーンズ』は12月21日に2Dおよび3Dで同時公開。
《花》

関連ニュース

特集

page top