“歌って踊れて食べられる”?武田鉄矢プロデュースの「アイドルプロジェクト」始動! | RBB TODAY

“歌って踊れて食べられる”?武田鉄矢プロデュースの「アイドルプロジェクト」始動!

エンタメ その他

プロデューサーの武田と、起用された二人
  • プロデューサーの武田と、起用された二人
  • 東洋水産
 武田鉄矢発案・プロデュースの、“歌って、踊れて、食べられる”アイドル=“食べドル”を育成する「アイドルプロジェクト」が8月19日に始動する。武田自らのキャスティングにより、楽曲にヒャダイン、振り付けにパパイヤ鈴木をそれぞれ指名。今までにない、アイドルと“食”との融合を目指し、本気でアイドルを育成するとのことだ。武田が長年CMに出演してきた「マルちゃん赤いきつねと緑のたぬき」を発売する東洋水産がスポンサーとして参加。プロジェクトと絡めた同商品の新テレビCM「本気のお願い」篇も19日から全国放送される。

■コンセプトは“食べドル”目標は紅白

 同プロジェクトを立ち上げた経緯について武田は、「この年になると、もっと新しいことに挑戦したい。もっともっと成長したいと考えるようになる。自分を成長させるために、一番いいのは人を育てることなんですよ」「私は随分長いこと東洋水産の赤いきつねと緑のたぬきのCMに出演してきたけども、“食べること”を絡めて何かできないと思っていました。そこで考えたのが“アイドル”。“食べること”と“アイドル”は人を笑顔にできるという点で通じるものがありますよね」とコメント。さらに、「赤いきつねも緑のたぬきも不思議なネーミングで、発売当時は異色だったが、今は当たり前の存在。そういう風に常識をひっくり返して、いつの間にかそれが常識になっている。そんなアイドルをつくってみたいんです」と意気込みを語っている。

 武田が描くアイドルのコンセプトは、“歌って、踊れて、食べられる”アイドル=“食べドル”。「手元で食い物を隠さない。食べているものをきちんと見せる。そういう人の食欲を誘うような、そんなアイドルがつくりたい。これが夢です」(武田)といい、目標は自分がプロデュースしたアイドルを紅白歌合戦に送り込むことだそうだ。

■楽曲はヒャダイン、振り付けはパパイヤ鈴木が担当

 数多くのアイドルソングを手掛けるヒャダインを楽曲担当に、振り付け担当にはパパイヤ鈴木を起用。武田は「ヒャダインさんとパパイヤ鈴木さんは、私にないものを持っていて、必ずや“食べドル”というコンセプトに合う楽曲や振付を考えてくれると期待しています。今の世の中に衝撃を与えたいと思っています」と2人の起用理由について述べている。

 武田の意気込みに対して、ヒャダインとパパイヤ鈴木は、「最初は企画ものかなと言う感じでお話を聞いていたのですが、プロデューサーの武田さんの想いが本当に強いので生半可な気持ちではいられないと思っております。単発もので終わらせるつもりは全くなく、何年も愛される国民的アイドルに育て上げたいなと思っています」(ヒャダイン)。「“おなかが空くような振り付け”というちょっと変わったオーダーをいただきました。びっくりしましたけど、楽しくなりそうです。元気でかわいらしい振り付けで、気がついたら自分も踊っていて、“あれ、おなかが空いてきた”という“食べドル”らしい振り付けを意識していきたいです」(パパイヤ)と抱負を述べた。

■TVCM「本気のお願い」篇も19日公開

 武田鉄矢プロデュース「アイドルプロジェクト」の始動に伴い、“歌って、踊れて、食べられる”アイドル“食べドル”の誕生に向けて奔走する武田を描いた新TV-CM「本気のお願い」篇も、19日から全国でオンエアされる。同CMでは、総合プロデューサー武田鉄矢の右腕となる楽曲担当のヒャダイン、振り付け担当のパパイヤ鈴木が、今回のプロジェクトに参加した経緯が描かれる。アイドルプロジェクトを始動させるために、とにかく体当たりで両名を口説き落とす武田鉄矢の熱演が見どころになっているという。CM撮影では、武田が次々と自らアドリブをきかせ、監督も「凄みがあって面白い!」と、積極的に武田の提案を受け入れていたとのことだ。
《白石 雄太》

関連ニュース

特集

page top