【ケーブル技術ショー2013 Vol.1】パナソニック、最新STBを参考展示……スマホ・タブレット連携機能を強化 | RBB TODAY

【ケーブル技術ショー2013 Vol.1】パナソニック、最新STBを参考展示……スマホ・タブレット連携機能を強化

ブロードバンド その他

「ケーブル技術ショー2013」のエントランスゲート
  • 「ケーブル技術ショー2013」のエントランスゲート
  • イベントホールの様子
  • パナソニックのCATV対応STBシリーズが一堂に揃った
  • HDD/BD内蔵型のフラッグシップSTB最新機種を参考展示。発売は11月頃を予定している
  • 本機はトリプルチューナー仕様。テレビで1番組を視聴しながら、2台までのスマホ・タブレットへ同時に番組配信が行える
  • パナソニック製STBの対応機種で利用できるプレーヤーアプリ「DiXiM CATV Player」の画面
  • 現行のHDD/BD内蔵STB最上位機「TZ-BDT910M」で「DiXiM CATV Player」のデモを披露
  • スマホ・タブレット連携を充実させた無線LAN対応ケーブルモデム「TZ-CMP01M」は9月からCATV事業者を通じて販売が開始される
 ケーブルテレビに関連する最先端の技術・機器、ソリューションが一堂に展示される「ケーブル技術ショー2013」、並びにケーブルテレビに関連する技術セミナーや「ケーブルテレビ・アワード2013表彰式」などを中心に催される「ケーブルコンベンション2013」の、二つのイベントが7月30日(火)・31日(水)の2日間、東京国際フォーラムで開催される。主催は日本ケーブルテレビ連盟、日本CATV技術協会、衛星放送協会。

 今回は計69社64ブースが出展した「ケーブル技術ショー2013」の模様を中心にイベントレポートをお届けする。はじめにパナソニックのブースに出展された、スマートフォン・タブレット連携の機能を強化したセットトップボックスの新製品から紹介しよう。

■テレビ番組を2台のスマホ・タブレットへ同時配信できるSTB最上位機

 パナソニックは本体内蔵のHDD/BDディスクへのテレビ録画や、ブルーレイ3Dディスク再生機能を搭載するCATV対応セットトップボックス(以下:STB)「TZ-BDT910M」を2011年春から販売している。今回のイベントでは11月以降にCATV事業者を通じて発売が予定されている、同シリーズ製品の最新次世代機が参考出品された。

 これまでの最上位機種である「TZ-BDT910M」からのアップグレードは、内蔵HDDが500GBから1TBに増え、ケーブルテレビ用のデジタルチューナーが2基から3基に増設される。また無線LAN機能も本体に組み込まれた。日本ケーブルラボの「ケーブルDLNA運用仕様 JLabs SPEC-020」にも対応しているので、LANにつないだ別室のSTBで受信・録画した番組を本機にダビングすることなどもできる。

 DLNA/DTCP-IP対応のネットワーク機能も搭載。デジタルチューナーが“トリプル化”されることで、1番組をテレビで見ながら、2つの番組をDLNA/DTCP-IP対応のスマートフォンやタブレット、テレビなどへ同時に配信して、家中の様々な場所でケーブルテレビの番組を楽しめる環境が構築できることも特徴だ。

 パナソニックは、デジオンと共同開発したケーブルSTB専用のDLNA/DTCP-IP対応プレーヤーアプリ「DiXiM CATV Player」を、今年の夏からAppStoreで配信している。本機でもこちらのアプリが使えるようになる予定。無償でiPhone/iPad/iPod touchにインストールできる本アプリでは、ネットワーク経由でSTBにアクセスして、軽快なタッチ操作でチャンネルの選局や録画番組の再生などが行える。
《山本 敦》

関連ニュース

特集

page top