大気汚染、「肌」への影響を気にしている女性は2割台……対策ポイントは「日々の洗顔」 | RBB TODAY

大気汚染、「肌」への影響を気にしている女性は2割台……対策ポイントは「日々の洗顔」

エンタメ 調査

大気汚染の健康/肌への影響を気にしていますか?
  • 大気汚染の健康/肌への影響を気にしていますか?
  • 大気汚染物質から肌を守るための対策を行っていない理由
  • 大気汚染物質により、肌の機能が低下するリスクが増すことを知っていましたか?
  • シュウ ウエムラ『A/O ユースグロー クレンジング オイル』
 シュウ ウエムラは1日、女性を対象に実施した「大気汚染」に関する意識調査の結果を公表した。調査期間は6月13日~17日で、20~49歳の女性500名から回答を得た。

 まず、「大気汚染の健康への影響を気にしていますか?」という質問には、65%と約7割が「気にしている」と回答。しかし一方で、「大気汚染の肌への影響を気にしていますか?」と聞くと、「気にしている」と答えた人は27%と2割台にとどまった。「美容のための対策として、ふだんから重視していることは何ですか?」という質問でも「紫外線対策」(74%)、「エアコン対策」(19%)、「湿度対策」(15%)などさまざまな肌対策がなされている一方で、「大気汚染対策」と答えた人はわずか4%だった。

 そこで「大気汚染物質から肌を守るための対策を行っていますか?」と質問すると、「いつも行っている」(5%)、「たまに行っている」(23%)を合計しても28%となり、残り72%と大多数は「行っていない」となっている。その理由を聞くと、「対策方法がわからないから」(41%)、「気にしたことがなかったから」(30%)などが上位にあがった。

 具体的に、大気汚染物質対策を「行っている」と回答した人に、どのような対策をしているかを自由回答で聞くと、「日焼け止めやファンデーションをしっかり塗って、大気汚染物質が直接肌に付着しないようにしている」「外に出るときは、必ずマスクを着用する」「常に空気清浄機をつけている」といった声があがった。

 実際、大気汚染が多い都市と大気汚染が少ない都市の住民の比較調査(2000年 ロレアル調査 引用データより)の結果によると、大気汚染が多い都市に住む人は、肌を守る物質の量が、大気汚染の少ない都市に住む人と比べて10分の1程度になることがわかっている。

 ちなみに、今回の調査において、「大気汚染物質により、肌の機能が低下するリスクが増すことを知っていましたか?」と聞いたところ、「知っていた」と答えた人はわずか6%にとどまり、「なんとなく感じていたが、具体的には知らなかった」(47%)、「まったく知らなかった」(47%)という人が大多数を占めた。「今後、スキンケアにおいて、大気汚染物質対策をしたいと思いますか?」と聞いたところ、73%が「そう思う」と回答している。

 この結果について、シュウ ウエムラでは「皮膚は大気汚染物質などにより活性酸素が発生するが、酸化によりタンパク質が黄変すると、肌の色に影響が生じると考えられているほか、大気汚染物質により肌機能が低下すると、キメの乱れにもつながる」とコメントしている。同社では7月1日より、『クレンジングオイル プレミアム A/O アドバンスト』を『A/O ユースグロー クレンジング オイル』としてリニューアル発売。『A/O ユースグロー クレンジング オイル』は、近年明らかになった大気汚染とエイジングの関係に着目し、汚染物質を引きよせて固める働きが確認されている「モリンガ種子エキス」を新たに配合している。ウォータープルーフタイプのマスカラも落とせる高い洗浄力が特徴だ。

■シュウ ウエムラHP:http://brand.shuuemura.jp/cleansing_oil/ao/
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top