“2013年の夏ならでは”の節電になりそうな『クールシェア』とは? | RBB TODAY

“2013年の夏ならでは”の節電になりそうな『クールシェア』とは?

エンタメ 調査

今年の夏、『クールシェア』を実践したいと思いますか?
  • 今年の夏、『クールシェア』を実践したいと思いますか?
  • 今年の夏、『クールシェア』を体感できる店舗やイベントなどに出かけたいと思いますか?
  • サントリー「クールシェアスポット」のイメージ
  • 東京ガスは複数施設を開放
  • LIXILはショールームを「クールシェアスポット」として開放
 トレンド総研は28日、2013年の夏の過ごし方として、新しい考え方である『クールシェア』に注目したレポートを公開した。意識調査の結果、専門家へのインタビュー、今夏予定されている各企業の取り組みなどを紹介する内容となっている。

■“2013年の夏ならでは”の節電になりそうな『クールシェア』

 『クールシェア』は、1人で1台のエアコンを使わず、涼しい場所をみんなで共有(シェア)することを推奨する取り組み。もともと多摩美術大学デザイン学科のゼミで生まれたこのプロジェクトは、環境省との連携施策や、2012年度のグッドデザイン賞受賞などを機に、全国的に注目を集めている。自治体や企業の参画なども増えており、今年はさらなる盛り上がりが期待されているという。

 20~50代の一般男女500名を対象に行った調査(調査期間:6月18日~20日)では、まず『クールシェア』の認知度を聞いたところ、「言葉も内容も知っている」と答えた人が11%、「言葉は聞いたことがある」と答えた人が21%となった。およそ3人1人が『クールシェア』という言葉は耳にしているが、取り組みそのものは、まだこれからといったところだ。

 しかし、『クールシェア』についての説明をした上で、改めて『クールシェア』に対するイメージを聞いたところ、77%が「気軽にできそうな取り組み」と評価。また、「今年の夏、『クールシェア』を実践したいと思いますか?」という質問には、79%と約8割が「そう思う」と回答している。また、「今年の夏、『クールシェア』を体感できる店舗やイベントなどに出かけたいと思いますか?」という質問には、69%と約7割が「そう思う」と回答した。

 トレンドに詳しい商品ジャーナリスト・北村森氏は、今年の節電傾向などについて、「節電に取り組みながらも、むしろそれが“快適である”、“なごめる”、“非日常を味わえる”など、単に暑さをしのぐだけではない“プラスアルファ”の要素が求められていくと思います」と指摘。風を送るだけではなく、目にも涼しい「水うちわ」や、冷たさと同時に美味しさや爽快感を味わえる「炭酸飲料」などは、昨年以上に人気を集めると予想した。そのうえで、特に注目なものとして『クールシェア』をあげ、「ふだん行かない場所に足を運んだり、その場に集まった人とのふれあいを楽しんだりと、さまざまな“プラスアルファ”の要素を含んでいます」とした。

 また、商品の新たな魅力を伝えるきっかけにもなることから、行政や自治体だけにとどまらず、『クールシェア』に参加する「企業」が増えていることにも注目。企業が『クールシェア』に参加することで、その会社のブランディングにもつながる他、効果的なプロモーションにもなり得るとした。

■この夏『クールシェア』に参加する企業は?

 サントリー酒類では、7月1日から、全国主要4都市(東京・仙台・神戸・名古屋)でノンアルコールビールテイスト飲料「オールフリー」が無料で楽しめる「オールフリー ひと涼みスタンド」を展開する。仕事やショッピングの合間などに「オールフリー」を飲みながら気軽にひと涼みできる「クールシェアスポット」を提供するというものだ。会場では、「オールフリー」や、7月2日から夏季限定発売される「オールフリー シトラススパークル」が無料で提供される。また、日本政府が今年から新たに7月月間を「熱中症予防強化月間」に設定したことを受け、同企画は、環境省などの行政機関と民間機関が一体となった「熱中症予防声かけプロジェクト」に参画している。

 東京ガスでは、6月1日~9月30日の期間、同社の3つの企業館と2つのショールームを、一般客が気軽に立ち寄り、展示を見たりイベントに参加したりしながら涼める「クールシェアスポット」として提供している。「クールシェアスポット」となるのは、「がすてなーに ガスの科学館」「環境エネルギー館」「ガスミュージアム」の3つの企業館と、「東京ガス新宿ショールーム」「東京ガス多摩ショールーム」の2つのショールーム。都市ガスを利用した空調を行うことで、ピーク電力の削減に貢献しているという。7月20日~9月1日の期間には、「クールシェアスポット」に登録した5施設のうち、いずれか2施設に行ってスタンプを集めると記念品がもらえる「夏休みスタンプラリー」も開催される。

 LIXILは、7月1日~8月31日の期間(平日のみ)、全国78ヵ所のLIXILショールームを「クールシェアスポット」として開放。“がんばりすぎない節電”を推進する同社では、楽しみながら節電できる『クールシェア』の考えに賛同し、昨年に引き続き2013年もクールシェアを行う計画だ。


「オールフリー ひと涼みスタンド」:http://www.suntory.co.jp/news/2013/11817.html
東京ガス:http://www.tokyo-gas.co.jp/index.html
LIXIL:http://www.lixil.co.jp/
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top