宮澤佐江、AKB48兼任を正式解除……SNH48専念に意気込み「むしろ始まりじゃー!」 | RBB TODAY

宮澤佐江、AKB48兼任を正式解除……SNH48専念に意気込み「むしろ始まりじゃー!」

エンタメ ブログ

総選挙での「SNH一本」宣言を振り返った宮澤佐江
  • 総選挙での「SNH一本」宣言を振り返った宮澤佐江
  • 宮澤佐江のツイート
  • AKB48公式サイトで発表された宮澤佐江の兼任解除
 AKB48とSNH48を兼任していた宮澤佐江が24日、AKB48チームK兼任を正式に解除された。AKB48公式ブログが発表した。宮澤も自身のTwitterで、「今日付けで、AKB48との兼任が解除され、SNH48の宮澤佐江にまた戻りました。 引き続き、こんな私ですが応援よろしくお願い致します」と報告している。

 宮澤は、去年8月に中国・上海を活動拠点とするAKB48の姉妹グループ・SNH48への移籍を発表、11月よりSNH48の宮澤として活動していたが、今年4月にはAKB48との兼任となることが発表され、同月28日よりAKBチームKとSNH48の兼任を開始していた。しかし、兼任について「なにも成長出来ていないまま、AKB48に戻ることになってしまった事が凄く凄く悔しくて、自分が恥ずかしく思いました」と、複雑な心境をブログで吐露していた宮澤は、今月8日のAKB第5回選抜総選挙で10位にランクインした際の壇上スピーチで唐突に、今後は“SNH一本”で行くことを宣言。ファンを驚かせた。そして本日24日、AKB48チームK兼任を正式解除となった。

 宮澤は、移籍スピーチ後の10日、自身のブログで、「去年の夏に自分で選んだ決断へ、もう一度戻ってやってみよう」とSNHへの正式移籍を決めた理由を語り、「SNHメンバーたちと一緒にSNH48を作っていきたい、盛り上げていきたい」と思いの丈を打ち明けた。

 ビザが取得出来ていないことや言葉の問題などから、宮澤の決断を心配するファンが多い。しかし、「人数が増えてよりシビアな状況となっているAKBにいるよりは、SNHに賭けるほうが未来があるかもしれない」という肯定的な意見もある。自身のTwitterでも、「ちょちょ! 宮澤佐江終了のお知らせってなんなん?笑 終わらせねーよ?( ̄▽ ̄) むしろ始まりじゃー!ψ(`∇´)ψへっ!」と意気込みをつづっている。
《花》

関連ニュース

特集

page top