スマートデバイスの出荷台数、2016年度には1.3倍に……ICT総研調べ | RBB TODAY

スマートデバイスの出荷台数、2016年度には1.3倍に……ICT総研調べ

エンタープライズ モバイルBIZ

スマートデバイスおよび関連端末の国内出荷台数予測
  • スマートデバイスおよび関連端末の国内出荷台数予測
  • スマートデバイス出荷台数予測(スマートフォン・タブレット端末内訳)
  • スマートデバイス出荷台数予測(個人向け・法人向け内訳)
  • 現在発売されていないスマートデバイスの購入検討可能性
 ICT総研は11日、スマートデバイス(スマートフォンとタブレットの総称)市場の調査結果をまとめた結果を発表した。

 2012年度のスマートデバイス出荷台数は、前年の1.3倍の3,448万台。携帯電話キャリアのスマホラインナップの充実、7インチタブレットの浸透などを背景として、大きく市場規模を拡大させた。なおこの出荷台数は、同年のノートPCの出荷台数の3.3倍、フィーチャーフォン(従来型携帯電話)の2.9倍にあたる。今後は、伸び率は鈍化するも堅調に増加を続け、2016年度には2012年度比1.3倍の4,533万台となる見込みとした。

 スマートフォンとタブレットの比較では、2012年度は、タブレット端末の比率が14.2%に拡大。2013年度以降もタブレット端末の出荷台数伸び率がスマートフォンを上回り、2016年度はスマートデバイス全体の22.3%を占める見込み。タブレット端末の出荷台数は2016年度1,013万台となり、同年のノートPC全体の出荷台数予測940万台を上回ると予測された。

 2012年度のスマートデバイス出荷台数に占める法人向け比率は6.8%の233万台。2014年度に10%を超え、2016年度には12.9%に拡大する見込みだ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top