車椅子を理由に入店拒否……乙武さん、人気レストランでの「屈辱」を告白し物議 | RBB TODAY

車椅子を理由に入店拒否……乙武さん、人気レストランでの「屈辱」を告白し物議

 作家の乙武洋匡さんが、予約して訪れたレストランで車椅子のために入店拒否されたとして、自身のTwitterで「人としての尊厳を傷つけられるような思い」と心境を吐露し、ネット上で物議をかもしている。

エンタメ ブログ
 作家の乙武洋匡さんが、予約して訪れたレストランで車椅子のために入店拒否されたとして、自身のTwitterで「人としての尊厳を傷つけられるような思い」と心境を吐露し、ネット上で物議をかもしている。

 18日、乙武さんは銀座にある人気イタリアンレストランでディナーを楽しむために予約した同店を訪れたが、その際に、車椅子であることを理由に入店拒否されたことをTwitterで明かした。同店はビルの2階にあり、エレベーターはあるものの、その階には止まらない仕組みだったようで、店側からは「車いすなら、事前に言っておくのが常識だ」「ほかのお客様の迷惑になる」などと告げられたという。乙武さんは店主に「ちょっと下まで降りてきて、抱えていただくことは…」と申し出たそうだが、「忙しいから無理」「これがうちのスタイルなんでね」と、にべもなく断られ、同日にTwitterで「こんな経験は初めてだ」「銀座での屈辱」と、憤慨する胸中を吐露。「ひどく悲しい、人としての尊厳を傷つけられるような思いをする車いすユーザーがひとりでも減るように」と、Twitterで訴えた。

 この1件は大きな反響を呼び、店側の対応を非難する声が相次いだ。しかしその一方、同店が店主と店員1名の2名で営業しているという事情から乙武さんの要求に対応できなかったことを擁護する声や、抱えて2階へ運んで欲しいと要求する乙武さんを、何様だ、などと批判する声もあり、賛否両論が巻き起こった。ただ、乙武さんは、「『忙しいから対応は無理』なはずなのに、店主みずから階下まで降りてきて、こちらの非をなじられたことにも驚きました。『その余裕があるなら、ご対応くださっても…』というのが正直な思いでした」と、説明しており、「『手伝ってもらって当たり前』なんて思っていません。厚意に感謝もしています。でも、お店のスタッフやほかのお客様など『他者の善意や手助け』なしに車いすユーザーが外食できるお店が日本にどれだけあるか、少しでも気に留めていただけたら幸いです」としている。

 その後、同店の店主は乙武さんに「私のスキルがなかったばっかりに本日は御無礼申しわけありませんでした」と謝罪。また、同店の公式サイト上でも、今回の1件について事情を説明するとともに、「決して車椅子の方をお断りするつもりはありませんし差別もしておりません」「ご迷惑おかけしまして申し訳ありませんでした」と再度謝罪した。

 店側の謝罪に対し、乙武さんも「本日は結果的に予約に穴を開けてしまい、申し訳ありません。こちらが事前連絡を怠ったことで、お店に不測の事態を生んでしまったことにも、お詫び申し上げます」「ぜひ、次回は事前に車いすである旨をご連絡してからお伺いしますね!」と返信し、和解している。
《花》

関連ニュース

特集

page top