スマートフォン、2013年3月に過去最高の販売台数を記録……GfK Japan調べ | RBB TODAY

スマートフォン、2013年3月に過去最高の販売台数を記録……GfK Japan調べ

 ジーエフケー マーケティングサービス ジャパン(GfK Japan)は9日、携帯電話専門店・家電量販店におけるスマートフォンの販売動向を発表した。2013年3月に、過去最高の販売台数を記録したとのこと。

エンタープライズ モバイルBIZ
スマートフォン 販売台数の推移
  • スマートフォン 販売台数の推移
  • スマートフォン 販売チャンネル構成比
 ジーエフケー マーケティングサービス ジャパン(GfK Japan)は9日、携帯電話専門店・家電量販店におけるスマートフォンの販売動向を発表した。2013年3月に、過去最高の販売台数を記録したとのこと。

 2013年1~3月期の販売数量は、前年比で9%増。とくに3月は、新生活・新入学にともなう販売が多く、昨年以上が販売され、過去最高を記録した。フィーチャーフォンからの移行に加え、スマートフォンからの買い替えも増加していると見られる。なおGfK Japanの消費者調査(2012年10月~12月実施)では、スマートフォンからスマートフォンへの買い替えサイクルは「1.7年」で、2年を下回っている。

 販売チャネル構成では、携帯電話専門店の構成比が高まっている。専門店におけるスマートフォン販売は2013年1~3月で、数量前年比14%増だった。携帯電話全体では販売の約80%を占める専門店だが、スマートフォンに限ってみると、その割合は2010年では65%にとどまっていた。スマートフォン販売では家電量販店が先行していた側面があるが、ここ数年の専門店におけるスマートフォンコーナーの増床や、より広い店舗への移転といった取り組みにより、専門店の販売構成比は拡大しており、2012年末には80%に達しているとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top