過去最多・全国1000か所でLTEエリア調査……No.1はNTTドコモ | RBB TODAY

過去最多・全国1000か所でLTEエリア調査……No.1はNTTドコモ

ブロードバンド 回線・サービス

NTTドコモ『Xperia Z』
  • NTTドコモ『Xperia Z』
  • 今回調査の結果<LTEエリア化率と平均データ通信速度(ダウンロード)>
  • LTEエリア化率(地域/カテゴリー別)
  • LTEエリア化率(地域/カテゴリー別)続き
  • 主力3機種のLTE平均データ通信速度
  • 主力3機種のLTE平均データ通信速度 続き
  • LTE/4G平均データ通信速度
  • LTE/4G平均データ通信速度 続き
 日経BPコンサルティングはこのほど、「全国LTEエリア調査」を実施し、その結果をまとめた。本調査では、全国の人が多く集まる場所を1000ヵ所抽出し、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルの3社のLTEの接続エリア、速度などの実態を調査した。

 その結果、全国におけるLTEでつながるエリア化率のNo.1はNTTドコモとなった。エリア化率とは、LTE/4Gでつながるエリア内におけるポイント数の比率を指す。

 また、各キャリアの販売の中心となっている機種であるドコモ『Xperia Z』、KDDI(au)『iPhone5』、ソフトバンクモバイル『iPhone5』でのデータ通信速度比較で、ドコモの『Xperia Z』がダウンロードスピードにおいて1位となった。一方、前述の3機種にKDDI(au)『HTC J butterfly』、ソフトバンクモバイル『AQUOS PHONE Xx』のAndroid端末2機種を加えた5機種の比較においては、KDDI(au)『HTC J butterfly』が、LTEデータ通信速度比較で1位となった。

●LTEでのエリア化率No1はNTTドコモ

 今回の調査で最も重きを置いた点は、日本全国の主要個所でLTEがつながるのかどうかという点だ。最もLTEでのエリア化率が高かったのはNTTドコモだった。

 主要個所でのつながりやすさは各キャリア間で差異は小さいが、その中でNTTドコモのLTEによる接続比率が97.4%と最も高かった。エリア(地域)別で見ると「東北地区」、「中国地区」、「九州地区」は、今回の調査ポイントでNTTドコモのLTE接続が100%だった。カテゴリーでみるとNTTドコモは「空港」でのエリア化率が100%だった。一方、KDDI(au)は、関東圏でのエリア化率が高く、また「大学」におけるエリア化率が高い。

《高木啓》

関連ニュース

特集

page top