“ダルビッシュの完全試合阻止”マーウィン・ゴンザレス、wikiが荒らされる事態に | RBB TODAY

“ダルビッシュの完全試合阻止”マーウィン・ゴンザレス、wikiが荒らされる事態に

エンタメ スポーツ

現在ののマーウィン・ゴンザレス選手のwiki
  • 現在ののマーウィン・ゴンザレス選手のwiki
  • 同選手のwiki(日本語)編集履歴
  • 同選手のwiki(英語版)編集履歴。4月3日以降40回近い更新が行われた
 2日(現地時間)に行われたMLBアストロズ対レンジャーズ戦で、レンジャースのダルビッシュ有投手の完全試合を打ち砕いたアストロズのマーウィン・ゴンザレス選手のwikipepdiaが荒らされる事態となった。

 試合はダルビッシュ投手が好投、9回2死まで一人のランナーも出さない完全試合だった。しかし27人目の打者、マーウィン・ゴンザレス選手がダルビッシュの股間を抜くセンター前にヒットを放ち、完全試合の夢を砕いた形となった。

 wikipepdiaの編集合戦が始まったのは試合直後から。日本語版、英語版とも「歴史を台無しにした」などと中傷する言葉が書き込まれ、それを修正する人とのいたちごっこが繰り返された。現在では「2013年4月3日のテキサス・レンジャーズ戦では9回2アウトからセンター前へヒットを放ち、ダルビッシュ有の完全試合とノーヒット・ノーランを阻止した」と落ち着いた記述に戻っているが、英語版では40回近く、日本語版でも20回近く更新された履歴が残っている。

 9回2死までで完全試合を逃したメジャーリーガーはダルビッシュ投手で11人目にあたるという。日本でも、9回2死でノーヒット・ノーランを2回逃し、9回終了時まで完全試合だったものの、延長戦に入ってヒットを打たれた西口文也投手が話題になるなど、「ダルビッシュ、完全試合逃す」の余波はまだ残っているようだ。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top