パナソニック、内蔵バッテリと乾電池で最長12時間駆動の5型液晶防水ワンセグテレビ | RBB TODAY

パナソニック、内蔵バッテリと乾電池で最長12時間駆動の5型液晶防水ワンセグテレビ

IT・デジタル テレビ

「SV-ME580」
  • 「SV-ME580」
  • 乾電池駆動のイメージ
 パナソニックは、ポータブルワンセグテレビ「ビエラ・ワンセグ」で新たに、防水5型液晶「SV-ME580」を発表した。販売開始は4月30日。価格はオープンで、予想実売価格は25,000円前後。

 同製品は、IPX6/7準拠の防水仕様となる5型液晶ポータブルワンセグテレビ。最長約5時間駆動のバッテリを内蔵するほか、単3形4本で最長約7時間の乾電池駆動にも対応。電源の取れない場所でも最長12時間の駆動が可能なため、バスルームやビーチサイドなどでも利用できる。

 ワンセグ放送をSDカードに録画することが可能で、番組表からの予約録画にも対応。同社製レコーダー「DIGA(ディーガ)」やテレビ「VIER(ビエラ)」で録画した番組をSDカードに転送し、同製品で視聴することもできる。また、画面を消して、音声のみでワンセグ放送を楽しめる画面オフ機能を搭載する。

 スピーカー出力は300mW×2、本体サイズは幅178.8×高さ92.9×奥行き37.9mm、重さは約408g(乾電池除く約316g)。付属品はACアダプタ/USB接続ケーブルなど。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top