「彼の行為は五輪に対する冒涜」……乙武さん、竹島問題の韓国選手への銅メダル授与に抗議 | RBB TODAY

「彼の行為は五輪に対する冒涜」……乙武さん、竹島問題の韓国選手への銅メダル授与に抗議

 国際オリンピック委員会(IOC)が、韓国の朴鍾佑(パク・ジョンウ)選手に対し銅メダルを授与することを決めたとの報道を受け、元スポーツライターで作家の乙武洋匡さんが、この裁定に抗議の意を示している。

エンタメ ブログ
 国際オリンピック委員会(IOC)が、韓国の朴鍾佑(パク・ジョンウ)選手に対し銅メダルを授与することを決めたとの報道を受け、元スポーツライターで作家の乙武洋匡さんが、この裁定に抗議の意を示している。

 朴選手は、ロンドン五輪のサッカー男子3位決定戦で日本との対戦後に竹島(韓国名:独島、ドクト)の領有権を主張するメッセージを掲げたことで、国際サッカー連盟(FIFA)およびIOCが禁止している試合会場での政治的な宣伝活動にあたるとして問題となり、処分決定までメダルの授与が留保されていた。

 しかし、報道によれば、IOCは朴選手へ厳重注意を与えるとともに銅メダルの授与を決定したという。この決定には日本のネット上でも賛否両論が巻き起こったが、乙武さんもTwitter上で言及。「僕のなかに一切の嫌韓感情はないし、むしろ韓国の人々にはとても好意を抱いている」と前置きし、いわゆる“嫌韓派”ではないとの立場を明確にした上で、「ただし、それとはまったく別の次元で、この裁定には抗議の意を示したい」と、今回のIOCの決定について抗議。また、朴選手の行為についても、「彼の行為は、五輪に対する冒涜である」と憤慨し、同選手にメダルが授与されることについて苦言を呈している。
《花》

関連ニュース

特集

page top