結婚報告した植村花菜、ブログでノロケ連発……「めっちゃカッコエエねんでー!!!」 | RBB TODAY

結婚報告した植村花菜、ブログでノロケ連発……「めっちゃカッコエエねんでー!!!」

エンタメ ブログ

 大ヒット曲「トイレの神様」で知られるシンガーソングライターの植村花菜が29日、ジャズドラマーの清水勇博と結婚したことを自身の公式ブログで報告。清水について「めっちゃカッコエエねんでー!!!」とノロケて、結婚の喜びをつづっている。

 29日付けのエントリーで、「植村花菜、本日2013年1月29日に、なんと! 入籍いたしましたー!!!」と報告した植村。お相手の清水はインストバンド「Indigo Jam Unit」等で活動するドラマーで、植村が昨年の春に音楽修業のため渡米した際にニューヨークで出会ったという。当初、普段はニューヨーク在住という清水と、東京に住む植村は遠距離恋愛だったが、そうした距離も2人にとっては妨げにならなかったようで、「なんてゆーか、特別な人やと、時間とか距離とか、全然関係なくなるもんなんやね」と、愛を育んでのゴールインとなったようだ。

 清水について植村は、「初めて会った時から、なんでか初めてな感じがしなくて、まるで自分の男版を見ているかのように、似ているところがたくさんあって、こんなに自分が自分のままでいられる人に、今まで出会ったことがありませんでした」と、相性がピッタリだったことを明かすとともに、「清水さんは、ミュージシャンとしても、人としても、本当に素晴らしい人です。喜怒哀楽の激しい私を(基本的には喜楽しかないけどね(笑))、いつも穏やかな大きな心で包み込んくれる、とってもあったかくて素敵な人です」と大絶賛。さらに「普段は、私も負けてしまうほどのハッピーオーラ満載で、穏やかーなおもろーい人なんですが、ひとたびドラムを叩くとまったくの別人!!! めっちゃカッコエエねんでー!!! ちょっと、いや、だいぶ?クセあるけどね(笑)」とノロケた。

 なお、植村は「結婚しても、もちろん変わらず音楽活動は続けていく」とのこと。「むしろ、今まで以上にどっぷり音楽にのめり込んで、ますます頑張らせていただきますので、これからも変わらず応援よろしくお願いしまー す」と、結婚によってさらに飛躍することを誓ってブログを結んでいる。
《花》

関連ニュース

特集

page top