生命の危険も……今井メロ、長女の体調悪化で子育ての苦悩を吐露 「本当に無力……」 | RBB TODAY

生命の危険も……今井メロ、長女の体調悪化で子育ての苦悩を吐露 「本当に無力……」

エンタメ ブログ

 2006年トリノ五輪スノーボード・ハーフパイプ代表で、現在はシングルマザーとして2児を子育て中の今井メロが、1歳の長女が体調を崩していることを明かすとともに、子育ての苦悩を自身のブログにつづっている。

 7日に「落ち込むなぁ。。。」とのタイトルで更新したブログで、長女がロタウイルスに感染し体調を崩していることを明かした今井。娘は妊娠7ヵ月で出産した1000gに満たない未熟児だったことから、体調を崩して体重が低下すると生命に危険があるのだという。そんな長女に今井は、「分かっていても、どうすることもできない母である私。本当に無力・・・」と、悲痛な胸中を吐露。シングルマザーとして2児を育てる今井だが、「ネイルにいったり、おしゃれしたり出来てるじゃんって言いたいと思うけど私は仕事を失う訳にはいかないし今後は今いじょうに2人にお金がかかってくる。シングルマザーになって人一倍がんばらなきゃって思うし子供達の食べる物や学び事を惜しみたくない」と、子育てと仕事との両立に葛藤している様子。「どんなに周りに言われようとも強く2人を守っていく事が全て。今わたしにできる全てを全力で賭けたい!!」としながらも、「なんだかいま気持ちが少し、不安定かもしれないな・・・」と、揺れる気持ちをつづっている。

 今井自身、統合失調感情障害により15歳の頃から精神科に通っているという。そんな今井がシングルマザーとして2児を育てることに対し、周囲からは不安視する声が多数あったというが、今井は「私は自分の障害とも向き合いながら生きていくと決めたし、これでも一生懸命に生きてるんだ」と反論。「だから、できれば一人でも多くの方に支えてもらいたいし、参考にできることは習い学びたいと思います。こんな私やけど頑張るから!! よろしくお願いします」と呼びかけてブログを結んでいる。

 今井は2度の離婚を経て、現在は2歳の長男と1歳の長女を育てる。昨年9月には、ホステスやデリヘル嬢としての生活やリストカット、レイプ被害など凄絶な過去の経験を赤裸々につづった初の自叙伝を上梓して話題となった。
《花》

関連ニュース

特集

page top