“性”徒会長・GACKTによる怪しい学園祭……? 女子高生コスプレでAKB48“完コピ”披露も | RBB TODAY

“性”徒会長・GACKTによる怪しい学園祭……? 女子高生コスプレでAKB48“完コピ”披露も

エンタメ 音楽

学園祭イベント「神威♂楽園deダシナ祭」を開催したGACKT
  • 学園祭イベント「神威♂楽園deダシナ祭」を開催したGACKT
  • 学園祭イベント「神威♂楽園deダシナ祭」でのワンシーン。AKB48の
  • X JAPANのカバーではドラム演奏も
  • ゴールデンボンバー・鬼龍院翔もサプライズ登場
 歌手のGACKTが、学園祭イベント「神威楽園deダシナ祭(カムイガクエン デ ダシナサイ)」のファイナル公演を8日・9日の2日間で開催。アイドルグループ・AKB48の人気曲「ヘビーローテーション」を女子高生コスプレで“完コピ”披露するなど、観客を沸かせた。

 同イベントは、GACKTが生徒会長ならぬ“性”徒会長を務める架空の学園「神威楽園」が実施する楽園(学園)祭というコンセプトで、2009年にGACKTファンクラブ限定でスタートしたもの。来場者やスタッフに至るまで全員が学生服というドレスコードが設けられ、来場者には学生証も発行。ライブやトークのほか、イベント開会は学校の始業ベルから始まり、校歌斉唱、教頭の挨拶なども取り入れるこだわりようで、通常ではなかなか見られないお茶目なGACKTに会えるとあってファンに人気のイベントだ。今回は11月17日の大阪公演を皮切りに、名古屋、千葉で全5公演が行われた。

 千葉ポートアリーナで行われたファイナル公演では、GACKTがバンドメンバーやダンサーたちとともに楽曲演奏や芝居などを披露したほか、「優秀な軽音楽部員の表彰」と称してゴールデンボンバーのボーカル・鬼龍院翔がサプライズで登場。会場がヒートアップする中、後半には人気ロックバンド・X JAPANのカバーで「紅」「X」などの楽曲を披露し、GACKTがYOSHIKIに扮してドラムを演奏。また、アンコールではAKB48の「ヘビーローテーション」をバンドメンバー、ダンサー全員とともにAKB48風の女子高生コスプレで振り付けも完コピで披露して、会場を盛り上げた。

 なお、GACKTは19日に43枚目となるシングル「WHITE LOVERS―幸せなトキー」をリリースする。
《花》

関連ニュース

特集

page top