国立天文台、「ふたご座流星群を眺めよう」キャンペーン実施……12月12日スタート | RBB TODAY

国立天文台、「ふたご座流星群を眺めよう」キャンペーン実施……12月12日スタート

ブロードバンド その他

「ふたご座流星群を眺めよう」キャンペーンページ
  • 「ふたご座流星群を眺めよう」キャンペーンページ
  • 12月中旬の東京の夜空
 13日から14日にかけての夜に、ピークを迎える「ふたご座流星群」。国立天文台では、観察結果を報告し合う「ふたご座流星群を眺めよう」キャンペーンを12月12日夜からスタートすることを発表した。

 このキャンペーンは、できるだけ多くの人に夜空を眺める機会を持ってもらうのが目的とのことで、12月に活動するふたご座流星群を観察対象に、今回で6回目となる。ふたご座流星群の活動が活発になると思われる12月12日の夜から16日の朝までの4夜の間に、15分間以上星空を眺め、結果を報告ページから報告するというものだ。

 報告項目は、「流星を見た時刻」「流星を見ていた時間」「見た流星の数」「流星群の流星を区別したかどうか」「都道府県」など。携帯電話からでも参加できる。国立天文台では、「曇ってしまった」「流星が1つも見えなかった」なども立派な観察結果ですので、ぜひ報告してほしいとしている。報告を元に、流星の出現数の変化などがリアルタイムで集計されるとのこと。

 ふたご座流星群は、毎年12月13日から14日頃を中心に出現が活発となる、三大流星群の1つ。今年のふたご座流星群の出現の極大は12月14日の午前中(昼間)と予想されており、13日から14日にかけての夜に、流星がもっとも活発に出現すると期待されている。なお今年は12月13日が新月のため、月明かりに邪魔されることもないという。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top