高速データ転送「Class10」・大容量16GBの無線LAN内蔵メモリカード、スマホ・タブと連携 | RBB TODAY

高速データ転送「Class10」・大容量16GBの無線LAN内蔵メモリカード、スマホ・タブと連携

 アイファイジャパンは、EYE-Fi(アイファイ)カードで新たに「Class10」対応・16GBの「Eye-Fi Pro X2 16GB Class10」を発表した。販売開始は11月14日。価格はオープンで、予想実売価格は9,980円前後。

IT・デジタル 周辺機器
高速データ転送「Class10」・大容量16GBの無線LAN内蔵メモリカード、スマホ・タブと連携
  • 高速データ転送「Class10」・大容量16GBの無線LAN内蔵メモリカード、スマホ・タブと連携
  • 高速データ転送「Class10」・大容量16GBの無線LAN内蔵メモリカード、スマホ・タブと連携
 アイファイジャパンは、EYE-Fi(アイファイ)カードで新たに「Class10」対応・16GBの「Eye-Fi Pro X2 16GB Class10」を発表した。販売開始は11月14日。価格はオープンで、予想実売価格は9,980円前後。

 EYE-Fiカードは無線LAN内蔵で記録したデータをワイヤレス転送できるSDメモリカード。従来品のラインアップはSDスピードクラス「Class6」に対応し、容量は4GB/8GBであった。今回の新製品はデータ転送速度がより高速な「Class10」に対応。容量は最も大きい16GBのモデルとした。

 対応無線LAN規格は802.11b/g/n、アップロード可能ファイルは写真&動画でRAWファイルにも対応。SDカード対応のデジタル一眼レフカメラなどで撮影した画像データをスマートフォンやタブレットに直接転送し、高画質画像をスマートフォンやタブレットで再生できる「ダイレクトモード機能」を備える。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top