Eye-Fiとドコモが協業、無線LAN内蔵メモリーカード「Eye-Fi Mobile X2 4GB for ドコモ」を13日に発売 | RBB TODAY

Eye-Fiとドコモが協業、無線LAN内蔵メモリーカード「Eye-Fi Mobile X2 4GB for ドコモ」を13日に発売

IT・デジタル 周辺機器

「Eye-Fi Mobile X2 4GB for ドコモ」
  • 「Eye-Fi Mobile X2 4GB for ドコモ」
  • 「Eye-Fi Mobile X2 4GB for ドコモ」
  • 「Eye-Fi Mobile X2 4GB for ドコモ」
  • ダイレクトモードのイメージ
  • フォトセッション 中央が、「Eye-Fi Inc,」CEOのYuval Koren氏
  • 「Eye-Fi Mobile X2 4GB for ドコモ」
  • 「Eye-Fi Mobile X2 4GB for ドコモ」
  • パナソニックはプロ仕様カメラも対応
 無線LAN内蔵メモリーカード、「Eye-Fiカード」を販売するアイファイジャパンは10日、新機能「スマホかんたん設定」を搭載した新製品「Eye-Fi Mobile X2 4GB for ドコモ」を13日に発売すると発表した。NTTドコモの販売チャネルにて販売を開始する。

 Eye-Fiは昨年、デジタルカメラから直接スマートフォンに画像を転送する「ダイレクトモード」を発表。この機能により、ユーザーは、デジタルカメラで撮った写真をどこにいても即座にtwitterやFacebookで共有する事が可能となった。

 そして今回、さらに多くのスマートフォンユーザーに「Eye-Fiカード」を活用してもらうため、パソコンなしで初期設定ができる新機能「スマホかんたん設定」を搭載した新製品を発売。アイファイジャパンの親会社である「Eye-Fi Inc,」がNTTドコモから出資を受け、戦略的パートナーシップの構築及び、流通網の拡大などモバイル分野での連携ができた事も今回の新製品発表に繋がっているとのこと。

 「スマホかんたん設定」では、従来製品の利用開始時に必要だったパソコンならびにEye-Fiカード管理用ソフトウェア「Eye-Fi Center」を用いた設定が不要となり、Android OSのスマートフォンさえあれば、すぐに利用出来るようになる。

 はじめにEye-Fi Android アプリをダウンロードし、「Eye-Fi Mobile X2 4GB for ドコモ」に同梱される「スタートカード」に記載された10桁の認証キーを入力(QRコードでの読み取りも可能)、最後にメールアドレスとパスワードを入力すれば初期設定は終了。このステップのみで、カードとスマートフォンがペアリングされた状態となり、画像をスマートフォンへ転送する事が出来るようになる。

 「Eye-Fi Mobile X2 4GB for ドコモ」は、ドコモだけでなく、Android OSのスマートフォンであればキャリア関係なく利用可能。ドコモだけの特別機能として、ドコモのデジタルフォトフレームに直接画像を送ることのできる、「お便りフォト」機能にも対応している。また今回のパートナーシップをきっかけに、今後ドコモのサービスと「Eye-Fiカード」との融合も検討していくとしている。

  現在、「Eye-Fi Mobile X2 4GB for ドコモ」を購入すると、Eye-Fiが提供するクラウドサービス(年額4,800円)が三ヵ月無料で使えるキャンペーンも実施中とのことだ。
《白石 雄太》

関連ニュース

特集

page top