2013年、スマートフォンの市場規模がPCを逆転……IDCが予測 | RBB TODAY

2013年、スマートフォンの市場規模がPCを逆転……IDCが予測

エンタープライズ モバイルBIZ

国内IT市場実績と予測:2011年~2016年
  • 国内IT市場実績と予測:2011年~2016年
  • IDC「国内製品別IT市場2012年第2四半期の実績と2012年~2016年の予測 」の主な内容
 IDC Japanは6日、2012年~2016年の国内製品別IT市場予測を発表した。2012年第2四半期の実績、および最新の景気動向などに基づき予測された内容とのこと。

 IDCでは、国内ICT市場を製品セグメント別に分類し、市場動向と市場規模の予測を行い、「国内製品別IT市場2012年第2四半期の実績と2012年~2016年の予測」(J12090303)としてレポートを発行している。これによると、2011年の「国内IT市場」の規模は13兆1,782億円、前年比成長率は0.9%減だった。さらに、通信サービス市場を加えた「国内ICT市場」は24兆5,773億円、前年比成長率は0.7%減となっている。このように、2011年はマイナス成長だったが、2012年は、復興財政支出、金融緩和、エコカー補助金などでの景気浮揚によりプラス成長となり、「国内IT市場」規模は、13兆5,189億円(前年比成長率2.6%)、「国内ICT市場」規模は24兆7,478億円(前年比成長率0.7%)という予測が掲げられた。

 以降、国内IT市場の2011年~2016年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は0.9%、国内ICT市場は0.3%と予測された。なお、2016年の国内IT市場規模は13兆7,545億円、国内ICT市場規模は24兆9,077億円と予測されている。

 そして、2012年以降のICT市場を大局的にみると、市場の成長、市場の変革をけん引していくのはスマートフォンとなり、国内ICT市場では2013年に、スマートフォンの市場規模がPCを逆転すると、同レポートでは予測している。国内スマートフォン市場の2011年~2016年のCAGRは4.8%と、かなり高い成長率が掲げられている。来年からは、スマートフォンがICT市場の拡大・変革をけん引していく存在とナリ、ITベンダーも、スマートフォンに対する戦略的取組みが生き残りに必須になると、同社では考察している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top