ケンウッド、奥行14cmのコンパクトオーディオ……上位モデル「C-535」はBlutooth対応 | RBB TODAY

ケンウッド、奥行14cmのコンパクトオーディオ……上位モデル「C-535」はBlutooth対応

IT・デジタル その他

上位モデル「C-535」はBlutooth対応で、対応スマートフォンなどの音楽をワイヤレスで再生できる
  • 上位モデル「C-535」はBlutooth対応で、対応スマートフォンなどの音楽をワイヤレスで再生できる
  • 「C-535」のホワイトモデル
  • 「C-333」
 JVCケンウッドは、ケンウッドブランドより、iPod/iPhoneなどの高音質再生が可能なコンパクトオーディオシステム「C-535」「C-333」を発表した。価格はオープンで、販売開始は11月中旬。上位機種の「C-535」は予想実売価格35,000円前後、下位機種の「C-333」は30,000円前後。

 両モデルとも本体とスピーカー部からなり、奥行き約14cm(本体)のコンパクトサイズ。フロントパネルにはスロットインCDプレーヤーとUSB端子を装備。USBメモリーの音楽ファイル再生(MP3/WMA)をはじめ、iPod/iPhoneの再生や充電も可能。選曲操作は付属のリモコンでも行える。上位の「C-535」はBluetooth Ver. 2.1 + EDRに対応。対応プロファイルはA2DP、AVRCPで、Bluetooth対応スマートフォンなどの音楽をワイヤレスで再生できる。

 本体下部にLEDイルミネーションを内蔵し、アクリルパネルのフロントパネルをイルミネーションの光が照らす。イルミネーションの明るさは切替も可能だ。

 アンプ部の実用最大出力は20W+20W、D-BASS装備で重低音再生に対応。CD部はMP3、WMAのCD-R/RWも再生できる。スピーカー部は、「C-535」が2WAYバスレフでウーファーは90mmコーン型、ツィーターは40mmドーム型、「C-333」はバスレフで90mmコーン型。

 本体サイズは共通で幅170mm×高さ198mm×奥行139mm、スピーカー部が幅133mm×高さ196mm×奥行123mm、重量は本体が1.4kg、スピーカー部が0.8kg。カラーバリエーションは「C-535」がブラックとホワイト、「C-333」がシルバー。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top