JVCケンウッド、英・Bradley社と次世代リモートカメラシステムを共同開発 | RBB TODAY

JVCケンウッド、英・Bradley社と次世代リモートカメラシステムを共同開発

エンタープライズ その他

同社は市場拡大が期待されるBtoB事業への事業シフトを進めており、クリエーション(ビデオカメラ)事業は放送局へのソリューションビジネスの提供など、さらなる展開を重要視している(画像は同社Webサイトより)
  • 同社は市場拡大が期待されるBtoB事業への事業シフトを進めており、クリエーション(ビデオカメラ)事業は放送局へのソリューションビジネスの提供など、さらなる展開を重要視している(画像は同社Webサイトより)
 JVCケンウッドは英Bradley社と協業し、放送局の制作スタジオなどで使用される4K解像度に対応する次世代リモートカメラシステムを共同開発したことを8日に発表した。

 4K対応Super35mmイメージセンサーを搭載し、JVCケンウッドと同社の子会社であるCMOSイメージセンサーメーカーAltaSens社及び英Bradley社との共同開発によるもので、発売は英Bradley社から行われる。

 4K解像度(3,840x2,160/60p)を光ファイバーケーブル1本で長距離伝送でき、パン、チルト、ズームが可能なリモートカメラシステムとなっている。13日からラスベガスで開催される放送機器展「NAB2015」で参考出品が行われる予定だ。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top