KDDI、LTEと3Gを瞬時に切り替える新技術「Optimized Handover」を全国で導入 | RBB TODAY

KDDI、LTEと3Gを瞬時に切り替える新技術「Optimized Handover」を全国で導入

 KDDIと沖縄セルラーは17日、LTEエリアと3Gエリア間を移動した場合でも、瞬時に切り替えて、通信の途切れを最小限にする新技術「Optimized Handover」(オプティマイズド ハンドオーバー)を発表した。11月1日より全国で導入する。

エンタープライズ モバイルBIZ
Optimized Handover(イメージ)
  • Optimized Handover(イメージ)
  • au 2012年冬の新製品ラインアップ
 KDDIと沖縄セルラーは17日、LTEエリアと3Gエリア間を移動した場合でも、瞬時に切り替えて、通信の途切れを最小限にする新技術「Optimized Handover」(オプティマイズド ハンドオーバー)を発表した。11月1日より全国で導入する。

 au「4G LTE」では提供当初から、世界初となるピコセル(小型基地局)の導入によるきめ細やかな電波環境作り、音声通話の発信から着信までに要する時間を大幅に短縮する技術「eCSFB」(enhanced Circuit Switched Fallback)の導入などが行われていたが、今回新たに新技術「Optimized Handover」を導入する。

 「Optimized Handover」では、LTEサービスエリアに在圏中に、3Gシステムでの通信開始に必要な処理をLTE側であらかじめ行うことで、3Gサービスエリアに移動した場合でも、通信の途切れを最小限に抑えて、データ通信を継続することを可能とした。これにより、3Gシステムへ切り替え後に行う従来の方式に比べて、大幅にデータ通信の断時間を短縮できるという。

 KDDIと沖縄セルラーは同日、auスマートフォン9機種とタブレット1機種を発表しているが、全機種がLTEおよびテザリングに対応した。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top