日本光電、高齢者見守りサービス「SUKOYAKA」の実証事業を開始 | RBB TODAY

日本光電、高齢者見守りサービス「SUKOYAKA」の実証事業を開始

エンタープライズ セキュリティ

左が部屋に設置するホームステーション、右が主に外出時に使用する活動量計。専用サイトにスマートフォンやPCなどでログインしてモニタリングを行う(画像は同社webより)。
  • 左が部屋に設置するホームステーション、右が主に外出時に使用する活動量計。専用サイトにスマートフォンやPCなどでログインしてモニタリングを行う(画像は同社webより)。
 日本光電は、ひとり暮らし高齢者を対象とした見守りサービス「SUKOYAKA」を今年秋から開始する。これに先立ち、3月下旬から6月下旬までの3か月間、群馬県富岡市の協力のもと、ひとり暮らし高齢者の見守り実証事業を富岡市および周辺地域にて実施する。

 今回の実証事業は、ひとり暮らし高齢者宅に活動量計とホームステーションを設置し、外出時の活動量や居室内の環境をモニタリングするというもの。体調変化の予兆や居住環境の変化などを家族に提供する。高齢者の自宅に設置するホームステーションは3Gの通信モジュールを内蔵し、部屋の温度・湿度・照度などを計測しモニタリング。外出時に使用する活動量計は歩数や消費熱量などを測定し、ホームステーションを経由してサーバーに送信される。

 本サービスは一般消費者向けに加え、自治体や介護事業者等への販売も見込んでいる。なお、同社は「SUKOYAKA」の事業推進に関して、家電量販店大手のヤマダ電機と業務協定を締結している。
《防犯システム取材班/宮崎崇》

関連ニュース

特集

page top