クラリオン、ソーラーパネル搭載Bluetoothスピーカー「ZP1」……OFF時はスマホへの充電も可能 | RBB TODAY

クラリオン、ソーラーパネル搭載Bluetoothスピーカー「ZP1」……OFF時はスマホへの充電も可能

IT・デジタル その他

太陽ソーラー搭載デジタルスピーカー「ZP1」。ソーラーパネルは背面に
  • 太陽ソーラー搭載デジタルスピーカー「ZP1」。ソーラーパネルは背面に
  • 背面のソーラーパネル部分。再生OFF時にはUSBでスマホへの充電も可能
 クラリオンは2日、世界初の太陽光充電機能搭載ポータブルフルデジタルスピーカー「ZP1」を発表した。発売は12月上旬を予定、価格はオープンで、予想実売価格は24,800円前後。

 「ZP1」は、従来タイプのようなデジタル音源をD/Aコンバーターやアンプを介しアナログ変換するスピーカーとは異なり、デジタル音源からスピーカーユニットまでを完全デジタル伝送することで、限りなく原音に近い高音質を実現。Bluetoothに対応しており、スマートフォンやPC、携帯オーディオなどBluetooth搭載機器のサウンドをワイヤレスで再生できる。

 また、省電力にも注力しており、11MHzの超高速駆動回路+3chパラレル駆動により消費電力を約1/3に抑え、内蔵バッテリーフル充電で約30時間の長時間再生が可能。さらに背面にソーラーパネルを装備し、これにより3時間程度の太陽光充電で1時間程度の再生が可能。音楽再生OFF時には、スマートフォンへUSBポート経由で充電も行える。

 サイズ/重量は、幅192×高さ115×奥行39mm/550g。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top