10代の9割が、ネットだけの「ネット友達」を持つ……“自分を理解してくれる”がポイント | RBB TODAY

10代の9割が、ネットだけの「ネット友達」を持つ……“自分を理解してくれる”がポイント

ブロードバンド その他

ネット友達とのやり取りをどのように感じていますか?
  • ネット友達とのやり取りをどのように感じていますか?
  • 10代のネット上でのコミュニケーション相手への意識
  • ネット友達とどのようにやり取りしていますか?
  • ネット友達がいる比率
 大日本印刷(DNP)は28日、10代のネットコミュニケーションについて調査した結果を公表した。SNSを利用する10代の約9割が、ネット上のみでコミュニケーションを行う“ネット友達”を持つことが判明した。

 DNPでは、生活者のメディア利用と購買行動の変化を調査・分析する「メディアバリュー研究」を2001年に開始し、調査・分析したテーマの内容を「メディアバリューレポート」としてまとめ、毎月発行している。今回の調査は「メディアバリューレポートVol.52」として公開された。

 まず、SNSを利用する10代を対象に実施した調査したところ、約9割が、実際には会ったことはないが、ネット上のみでコミュニケーションを行う“ネット友達”を持っていた。コミュニケーション方法については、ケータイでのやりとりが多く、メールと並ぶ数値で、TwitterやLINEなどのサービスも活用されていた。

 また10代と20~40代に対し、「ネット友達とのやり取りをどのように感じていますか?」と質問したところ、20~40代が「新しいことを知ることができる」「知りたい情報を教えて欲しい」など、相手からの情報収集を目的にネット友達とコミュニケーションをとる傾向が強かったが、10代は「理解して欲しい」「本音が言える」など、「自分(が発信した情報)を分かってくれる相手」として期待している傾向が強く見て取れた。

 なおTwitterでは、まだ知り合っていない人からのフォローを期待して、プロフィール欄に趣味など自分の関心があることを詳細に記載する10代も多いという。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top