最大解像度4,096×2,160ピクセルの4K2Kに対応するHDMI分配機……1入力2出力 | RBB TODAY

最大解像度4,096×2,160ピクセルの4K2Kに対応するHDMI分配機……1入力2出力

IT・デジタル 周辺機器

「HD-12V4K」
  • 「HD-12V4K」
  • 背面の端子部分
 ランサーリンクは21日、最大解像度4K2K(4,096×2,160ピクセル)と3D信号に対応するHDMI分配機「HD-12V4K」の販売を開始した。価格はオープンで、予想実売価格は17,000円。

 同製品は、ホームシアターから音響映像設計現場での使用を想定したHDMI分配機で、入力端子を1基、出力端子を2基備える。デジタルシネマの標準規格であるDCI規定の4K(4,096×2,160ピクセル)、フルHDの4倍の画素数のクアッド・フルHD(3,840×2,160ピクセル アスペクト比16:9)に対応している。

 3D信号に対応し、「Frame Packing」や「Side by side」、「Top and bottom」に対応。AWG26仕様のケーブル使用時で、最大10mまでサポートする。音声フォーマットは、LPCM/Dolby Digital Plus/Dolby TrueHD/DTS-HDなどに対応する。また、壁掛け用の取付フックを搭載する。

 転送速度は10.2Gbps。本体サイズは幅110×高さ20×奥行き52mm、重さは141g。
《丸山 朋之》

関連ニュース

特集

page top