ソニー、Bluetooth/NFC対応のマルチコンポ……iPhoneやスマホの音源も再生 | RBB TODAY

ソニー、Bluetooth/NFC対応のマルチコンポ……iPhoneやスマホの音源も再生

IT・デジタル その他

スロットインタイプのCDプレーヤー機能も備える。写真は上位モデルの「CMT-BT80W」
  • スロットインタイプのCDプレーヤー機能も備える。写真は上位モデルの「CMT-BT80W」
  • 「CMT-BT60」
  • 「CMT-BT40」
 ソニーは5日、音楽CDやラジオの取聴に加え、ウォークマンやスマートフォン、iPod/iPhone/iPadなど、1台でさまざまなミュージックソースを楽しめるマルチコネクトコンポ3機種を発表した。

 3機種とも発売は4月20日、予想実売価格は上位モデル「CMT-BT80W」が40,000円前後、中位モデル「CMT-BT60」が35,000円前後、下位モデルの「CMT-BT40」が27,000円前後。

 3機種とも、薄型のコンパクト設計ながら音質を強化。デジタルアンプ「S-Master」を搭載し、さらに「CMT-BT80W」、「CMT-BT60」には、高感度化や薄型化などを実現する独自技術の磁性流体サスペンション構造のスピーカー、圧縮音源で失われがちな高域を補完する「DSEE(Digital Sound Enhancement Engine)」などを採用している。

 FM/AMラジオやスロットインタイプのCDプレーヤー機能も備え、ウォークマンにCDから直接録音も可能。録音フォーマットはMP3で、128kbps/256kbpsが選択できる。

 ワイヤレスでは3機種ともBluetoothに加え、NFCにも対応。かざすだけでペアリング(初期設定)から接続まで一度に完了し、音楽再生中のNFC搭載機器をかざせば、自動で電源が入り、機器で流れていた音楽が再生される。

 上位機種の「CMT-BT80W」は、Wi-Fi(IEEE 802.11b/g)通信機能を搭載。DLNAやAirPlayを利用して、他の部屋に置いてあるPCに入っている音楽など再生できる。また、専用アプリ「Network Audio Remote」をダウンロードすれば、スマホやiPhoneなどをコントローラーとして使用できる。

 中位の「CMT-BT60」は、「CMT-BT80W」からDLNA/AirPlay、Wi-Fi機能などを省いたモデル。下位の「CMT-BT40」は、「CMT-BT60」からDSEEを省き、スピーカーユニットも異なる。

 本体サイズは共通で、幅481mm×高さ202mm×奥行86mm、重量はBT80WとBT60が3kg、BT40が2.8kg。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top