新聞の細かい文字を読んだり、撮影ができるデジタル顕微鏡……最大140倍に拡大可能 | RBB TODAY

新聞の細かい文字を読んだり、撮影ができるデジタル顕微鏡……最大140倍に拡大可能

 サンワサプライは22日、同社直販サイトにて、新聞などを読むのに利用できる「デジタル顕微鏡(マイクロスコープ・携帯式・130万画素・最大140倍)」(型番:400-CAM015)を販売開始した。価格は7980円。

IT・デジタル フォトレポート
「デジタル顕微鏡(マイクロスコープ・携帯式・130万画素・最大140倍)」
  • 「デジタル顕微鏡(マイクロスコープ・携帯式・130万画素・最大140倍)」
  • 新聞を読むのに便利
  • お肌の観察も
  • SDカードに対応
  • パソコンに接続したイメージ
 サンワサプライは22日、同社直販サイトにて、新聞などを読むのに利用できる「デジタル顕微鏡(マイクロスコープ・携帯式・130万画素・最大140倍)」(型番:400-CAM015)を販売開始した。価格は7,980円。

 同製品は2.4型液晶ディスプレイを搭載するデジタル顕微鏡で、最大140倍までの拡大が可能。撮像素子に130万画素のCMOSセンサーを搭載する。植物や肌の観察、新聞の細かい文字を読むなどの使用を想定している。解像度1,600×1,200ピクセルの静止画撮影と、解像度640×480ピクセルの動画撮影に対応。

 静止画の撮影は、通常撮影に加え「3枚連続撮影」ができる。レンズにはLEDライトを4つ内蔵し、明るい撮影ができるという。また、本体にカードスロットを備え、記録メディアはSDHC/SDカードに対応する。パソコンにUSB接続することで、データの移行も可能。

 保存ファイル形式は静止画がJPEG、動画がAVI。バッテリが単3形乾電池×2。本体サイズは幅73×高さ96.5×奥行き54.5mm、重さは96g。

《丸山 朋之》

関連ニュース

特集

page top