ソニー、薄型フルフラットUltrabookや13.1型高機能モバイルなど「VAIO」ノートPC夏モデル | RBB TODAY

ソニー、薄型フルフラットUltrabookや13.1型高機能モバイルなど「VAIO」ノートPC夏モデル

IT・デジタル ノートPC

Ultrabook「VAIO T」シリーズ
  • Ultrabook「VAIO T」シリーズ
  • Ultrabook「VAIO T」シリーズの天板
  • モバイルPC「VAIO Z」シリーズ
  • スタイリッシュノートPC「VAIO S」シリーズ
 ソニーは4日、「VAIO」ノートPCの2012年夏モデルで「T/Z/S」シリーズから6機種を発表した。販売開始は9日。価格はオープン。

 6機種のラインアップと予想実売価格として、Ultrabook(ウルトラブック)の「T」シリーズで13.3型液晶「SVT13119FJS」は120,000円前後、11.6型液晶「SVT11119FJS」は110,000円前後。

 13.1型高機能モバイル「Z」シリーズで「SVZ13119FJB」は170,000円前後。

 フルフラットのスタイリッシュノートPC「S」シリーズで15.5型液晶「SVS15119FJB・S」は170,000円前後、13.3型液晶のCore i7搭載「SVS13119GJB」は150,000円前後、同Core i5搭載「SVS13118FJB・S・P」は130,000円前後。

 ソニーストアでも取り扱い、銀座・ソニーショールーム、ソニーストア 大阪、ソニーストア 名古屋にて先行展示を開始する。

■Ultrabook「T」シリーズ

 13.1型/11.6型の2種類の液晶サイズをラインアップし、ともに天面の素材としてアルミニウムを採用。本体の高さが約1.78mmという薄型でフルフラットのスタイリッシュなデザインとした。側面は丸みを帯びたデザインとし、デザイン性と剛性を兼ね備えたという。

 液晶を閉じるとスリープモードに切り替わるほか、スリープモードからの高速起動に対応する「Rapid Wake+Eco」を搭載。500GBのHDDに加え、低消費電力のスリープ機能とHDD高速化キャッシュ用にSSDを装備する。USBポートには、パソコン本体の電源がOFFの際にもスマートフォン等へのUSB充電が可能となっている。

 液晶の解像度はともに1,366×768ピクセル、OSはWindows 7 Home Premium 64ビット版 SP1、CPUはCore i5-3317U(1.7~2.6GHz/2コア)、メモリは4GB、ワイヤレスは802.11b/g/nとBluetooth4.0+HS、"Exmor for PC" CMOSセンサー搭載で131万画素のハイビジョンWebカメラを内蔵。

 バッテリの連続駆動時間は約6.5時間。本体サイズ/重さは、13.1型液晶「SVT13119FJS」が幅323×高さ17.8×奥行き226mm/約1.6kg、11.6型液晶「SVT11119FJS」が幅297×高さ17.8×奥行き214.5mm/約1.42kg。

■モバイルPC「Z」シリーズ

 CPUにインテル最新の第3世代Core プロセッサー・ファミリー(開発コード名:Ivy Bridge)となるCore i5-3210M(2.5~3.1GHz/2コア)を採用。ストレージに128GB SSD、ワイヤレスに802.11a/b/g/nとBluetooth4.0にWiMAXを搭載した高機能モバイルPC。「Rapid Wake+Eco」を搭載する。

 液晶の解像度は1,600×900ピクセル、OSはWindows 7 Home Premium 64ビット版 SP1、メモリは4GB、"Exmor for PC" CMOSセンサー搭載で131万画素のハイビジョンWebカメラを内蔵。バッテリの連続駆動時間は約9.5時間。本体サイズは幅330かける高さ16.65×奥行き210mm、重さは約1.17kg。

 光学ドライブを拡張する「Power Media Dock」や連続駆動時間を約18時間に延長するバッテリを別売でラインアップする。

■スタイリッシュノートPC「S」シリーズ

 フルフラットボディを採用したノートPCで、15.5型と13.3型の2つの液晶サイズで計3機種をラインアップ。「Rapid Wake+Eco」を搭載する。

 解像度1,920×1,080ピクセルのフルHDに対応する15.5型液晶「SVS15119FJB・S」は、OSがWindows 7 Home Premium 64ビット版 SP1、CPUがCore i7-3612QM(2.1~3.1GHz/4コア)、メモリが4GB、ストレージが750GB HDD、グラフィックスがVIDIA GeForce GT 640M LE GPUとインテル HD グラフィックス 4000のデュアル、光学ドライブがBlu-rayディスクドライブ、ワイヤレスは802.11b/g/n+WiMAXとBluetooth4.0、"Exmor for PC" CMOSセンサー搭載で131万画素のハイビジョンWebカメラを内蔵する。

 バッテリの連続駆動時間は約6時間、本体サイズは幅380×高さ23.9×奥行き255.4mm、重さは約2kg。

 解像度1,366×768ピクセルの13.1型液晶モデルは、「SVS13119GJB」はCPUがCore i7-3520M(2.9~3.6GHz/2コア)、ストレージが750GB、グラフィックスがVIDIA GeForce GT 640M LE GPUとインテル HD グラフィックス 4000のデュアル、指紋センサーを搭載、バッテリの連続駆動時間が約7.5時間。

 「SVS13118FJB・S・P」はCPUが第3世代Core i5-3210M(2.5~3.1GHz/4コア)、ストレージが640GB、グラフィックスがインテル HD グラフィックス 4000、指紋センサーを非搭載、バッテリの連続駆動時間が約8時間。

 共通仕様として、OSはWindows 7 Home Premium 64ビット版 SP1、メモリは4GB、光学ドライブはDVDスーパーマルチ、ワイヤレスは802.11b/g/n+WiMAXとBluetooth4.0、"Exmor for PC" CMOSセンサー搭載で131万画素のハイビジョンWebカメラを内蔵する。本体サイズは幅331×高さ23.9×奥行き224.6mm、重さは約1.72kg。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top