バッファロー、次世代無線LAN規格「11ac」対応製品を世界で初めて販売開始 | RBB TODAY

バッファロー、次世代無線LAN規格「11ac」対応製品を世界で初めて販売開始

IT・デジタル その他

11ac対応無線LANルーター「WZR-D1800H」
  • 11ac対応無線LANルーター「WZR-D1800H」
  • 11ac対応イーサネットコンバーター「WLI-H4-D1300」
 バッファローの米販売会社「バッファロー・テクノロジー(USA)」は14日、次世代無線LAN規格「IEEE802.11ac」に対応した無線LANルーター「AirStation WZR-D1800H」およびイーサネットコンバーター「AirStation WLI-H4-D1300」の販売を開始した。

 「11ac規格」は、5GHz帯の周波数を利用する無線LAN規格で従来の11n規格に比べ、最大約3倍の転送速度となる1300Mbps(1300メガビット/秒。規格値)の通信速度となる規格。電波干渉による速度低下が懸念されている2.4GHz帯の11gに代わる通信規格としても期待されている。今回発売される製品は、店頭販売となる製品では、世界初の11ac規格(IEEE802.11ac Draft2.0)対応となる。なお、11ac対応製品は、従来の無線LAN機器11n/11a/11g/11bの上位互換性を保つよう設計されており、現在の機器や環境でも利用可能。

 無線LANルーター「AirStation WZR-D1800H」は、5GHz帯と2.4GHz帯の規格値の合計で最大1750Mbpsのスループットを有し、11n規格においても5GHz帯と2.4GHz帯のそれぞれで450Mbps(規格値)の通信が可能な製品。4ポートのギガビット有線LANポートも備える。

 イーサネットコンバーター「AirStation WLI-H4-D1300」は、4つのギガビット(1000BASE-T)ポートを搭載。ネットワークメディア・プレイヤーやゲーム機などの4台までのネットワーク対応機器の同時接続が可能となっている。5GHz帯(11acで規格値1300Mbps、11nで規格値450Mbps)または2.4GHz帯(11nで規格値450Mbps)の無線LAN通信のどちらかで通信を行えるとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top