三井住友海上、ドライブレコーダー機能も搭載の独自アプリ「スマ保」発表 | RBB TODAY

三井住友海上、ドライブレコーダー機能も搭載の独自アプリ「スマ保」発表

エンタープライズ モバイルBIZ

「スマ保」トップ画面
  • 「スマ保」トップ画面
  • 「三井住友海上」サイト(画像)
 三井住友海上火災保険は1日、スマートフォンを利用した新サービス「スマ保」を発表した。2012年8月から提供を開始する。Android、iOS向けにアプリを提供する。

 「スマ保」は、自動車保険の「ご契約の管理」「緊急時 ナビゲート」「事故に対する備え」のサービスを提供する独自のアプリ。保険の契約者だけでなく、契約者以外でも利用可能となっている(一部機能をのぞく)。

 利用者の運転傾向を分かりやすく分析・診断する「運転診断機能」を搭載するほか、前後の画像を自動的に録画することも可能となっている。なお、スマートフォンの録画機能を活用したドライブレコーダー機能のサービスは、損害保険会社として初の導入だという。

 三井住友海上では、スマートフォンを利用することでサービスの利便性が向上すると考え、「保険をてのひらに。」をコンセプトに、独自アプリ「スマ保」を開発したとしている。今後は、「スマ保」のサービスメニューを充実させる他、自動車保険以外の種目への拡大を行う計画だ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top