ヤマハ、ホームシアターシステムを5.1chに機能拡張できるサラウンドスピーカーなど2製品 | RBB TODAY

ヤマハ、ホームシアターシステムを5.1chに機能拡張できるサラウンドスピーカーなど2製品

IT・デジタル その他

「NS-C705」
  • 「NS-C705」
  • 「NS-PB40」
  • 「YHT-S351」に両製品を設置したイメージ
 ヤマハは16日、同社のホームシアターシステムの拡張用スピーカーとして、「YHT-S351」用センタースピーカー「NS-C705」と、「YHT-S401」「YHT-S351」用サラウンドスピーカー「NS-PB40」の2製品を発表した。販売開始は4月下旬。

 価格はオープンで、予想実売価格は「NS-PB40」が8,800円前後、「NS-PB40」が7,600円前後。

 「NS-C705」は2.1chホームシアターシステム「YHT-S351」に付属するフロントスピーカーをオプションスピーカーとして単体で製品化したもので、「YHT-S351」にセンタースピーカーとして追加設置することを想定。縦・横置き両方に対応するキュービックデザインを採用している。

 5.5cmのコーン型ウーハー2基と、2.5cmバランスドーム型ツィーターを組み合わせた2WAY・3ユニット構成で、最大出力は100W。セリフなどの音声をより鮮明に再生することが可能とする。

 「NS-PB40」はホームシアターシステム「YHT-S401(3.1ch)」と「YHT-S351(2.1ch)」を5.1chに拡張することを想定したサラウンドスピーカー。「YHT-S401」のサウンドバー部分に搭載されている7cmコーン型スピーカーユニットを搭載し、低音域と高温域の両方を再現可能とする。最大出力は100W。

 「NS-C705」の本体サイズは幅190×高さ111×奥行き105mm(スタンド装着時)、重さは920g。付属品はスピーカーケーブル(3m)/スタンド/滑り止めパッドなど。

 「NS-PB40」の本体サイズは幅112×高さ176×奥行き116mm、重さは590g。付属品はスピーカーケーブル(10m)×2/滑り止めパッドなど。
《丸田》

関連ニュース

特集

page top