富士通、富士通東芝モバイルコミュニケーションズを完全子会社化 | RBB TODAY

富士通、富士通東芝モバイルコミュニケーションズを完全子会社化

エンタープライズ モバイルBIZ

REGZA Phone IS04
  • REGZA Phone IS04
  • 会社の概要
 富士通と東芝は2日、KDDI向け携帯電話端末の開発・販売会社である「富士通東芝モバイルコミュニケーションズ」の株式のうち、東芝が所有する全株式を富士通が取得し、完全子会社化したことを発表した。

 2010年10月に、富士通と東芝の携帯電話端末事業統合に際して、富士通は、東芝から富士通東芝モバイルコミュニケーションズ株式の80.1%の譲渡を受領済みだった。今回4月1日付で、残りの19.9%の株式を譲り受け、富士通東芝モバイルコミュニケーションズの完全子会社化を実施した。なお、完全子会社化により、4月1日付で社名も「富士通モバイルコミュニケーションズ」に変更された。

 同社が手掛けた製品としては、東芝系のブランド名(登録商標)を冠した「REGZA Phone」などがあるが、今後のブランド展開などについては未定となっている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top