【ソフトバンク冬春モデル】10分の充電で1日使用できる超急速充電に対応「ARROWS A 301F」 | RBB TODAY

【ソフトバンク冬春モデル】10分の充電で1日使用できる超急速充電に対応「ARROWS A 301F」

 ソフトバンクモバイルが30日発表した2013-14年冬春モデル。「ARROWS A 301F」(富士通モバイルコミュニケーションズ製)は、10分の充電で1日使用できる超急速充電が特長。

IT・デジタル スマートフォン
10分の充電で1日使用できる超急速充電に対応「ARROWS A 301F」
  • 10分の充電で1日使用できる超急速充電に対応「ARROWS A 301F」
  • 丸みを帯びたラウンドフォルムを採用した「ARROWS A 301F」
  • 「ARROWS A 301F」ピンクモデル
  • 「ARROWS A 301F」ブラックモデル
 ソフトバンクモバイルが30日発表した2013-14年冬春モデル。「ARROWS A 301F」(富士通モバイルコミュニケーションズ製)は、10分の充電で1日使用できる超急速充電が特長。発売は12月上旬以降の予定。

 「ARROWS A 301F」は、ディスプレイに5インチフルHD(1,080×1,920ピクセル)液晶、OSにAndroid 4.2、プロセッサはクアッドコアのMSM8974(2.2GHz)、メモリ2GB、ストレージは64GBを内蔵する。10分の充電で1日使用できる超急速充電に対応。また、「ヒューマンセントリックエンジン」により利用状況に最適化した省電力化を自動で行い、フル充電時で3日間の利用が可能だとするロングライフが特長。ほかの冬春モデルスマートフォン同様、従来のSoftBank 4G(AXGP)に加え、SoftBank 4G LTE(FDD-LTE)を利用できる「Hybrid 4G LTE」に対応している。

 デザイン面では全体的に丸みを帯びたラウンドフォルムを採用。指定した電話帳や写真などを非表示にする「プライバシーモード」を、長押しでできるようにするなど、富士通独自の「スマート指紋センサー」もバージョンアップした。メインカメラは1,310万画素CMOSでオートフォーカスと手ブレ補正のほか、フラッシュの輝度を被写体との距離に応じて自動調整する「インテリジェントフラッシュ」機能、「クイックフォーカス」機能も装備する。

 ワイヤレスはIEEE 802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.0に対応。そのほか防水(IPX5/IPX8)、NFC、おサイフケータイ、フルセグ(同梱のテレビケーブル使用)、GPS、テアリングといった機能を装備する。バッテリは2,600mAh、本体サイズは幅70mm×高さ141mm×奥行10.3mm(暫定値)、重量は157g(暫定値)。カラ^はコンフォートホワイト、ブラック、ピンクの3色が用意される。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top