【物欲乙女日記】若い子には負けないわ! 「密(ひそか)」で内側から美しく | RBB TODAY

【物欲乙女日記】若い子には負けないわ! 「密(ひそか)」で内側から美しく

エンタメ フォトレポート

「密(ひそか)」の「生姜」をお湯割りで飲む
  • 「密(ひそか)」の「生姜」をお湯割りで飲む
  • パッケージ 柘榴はピンク、生姜は黄色の差し色が特徴
  • パッケージと同じデザインモチーフのボトル。内容量は490ml
  • まず最初に柘榴をソーダで割って飲んでみます
  • なぜか泡だってビールのよう。氷を入れたり、カットしたレモンを入れるのもGood
  • はじける炭酸とフルーティな柘榴の風味が絶品
  • ああ、内側から美しくなれそうだわ…
  • つづいて生姜をお湯割り
 こんにちは編集部のヤマモトです。年度替わりを控え、新生活がまもなく始まりますね。我が社にも若くてピチピチした新入社員が入ることになっていまして、フレッシュな雰囲気に包まれると同時に、また1つ先輩になるというのがちょっと寂しくもあります。

 わたしだって若い子には負けていられないわ!いつもまでもフレッシュなカラダを保っていたい…!とは思うモノの、この超不規則な編集者の生活スタイルはどうすることもできません。かといって化粧でごまかすにも限度があるので、内側から磨いてキレイになりたい…。


■美容と健康に関連深いといわれる天然素材を配合

 そんなことをつらつら考えているときに見つけたのがこの製品! 大正製薬から販売されている美容サポート飲料「密(ひそか)」です。伝統的な西洋ハーブに、日本人に馴染みの東洋ハーブ(和漢植物)の考えを融合して、古くから美容と健康に関連深いといわれている天然素材をふんだんに配合しているのが特徴。医薬品の開発で培った漢方薬のノウハウを応用したという製薬メーカーならではのこだわりで、幅広い層の女性から高い評価を得ているそうで、そういえば上司の女性編集者も買って飲んでいるという話を聞きました! 2008年3月の発売からすでに4年が経ち、いまではラインナップは5種類にまで増えています。ロングセラーの予感がしますね。

 さてさて、この「密」、いざこの年度替わりのタイミングで思い切って買ってみよう!と思ってみたものの、どれにしようかちょっと迷っちゃいますね。今回チョイスしたのは美容に良い「柘榴(ざくろ)」と冷え性に効く「生姜(しょうが)」。さっそく飲んでみたので、その印象をレポートします。

 「密」のシリーズは、普段の飲み物や食べ物で割るとおいしく飲むことができます。おすすめはお湯割りやソーダ割り、牛乳割りやりんごジュース割りなど。今回は柘榴をソーダ割りで、生姜をお湯割りでいただいてみました。


■フルーティな柘榴、ほっこりできる生姜

 まずは柘榴のソーダ割りから。「密」では「柘榴」をベースとしてウコンやラズベリー、レモンバーム、桂皮や甘草など、女性の美と健康に関わる素材として注目されているハーブを15種類配合しているのだそう。実際、その栓を開けた瞬間から、フルーティな柘榴の香りがほのかに漂います。

 「密」を15cc程度グラスに注いで、炭酸水で割ります。フレッシュなハーブの香りが炭酸で弾けて、すごく贅沢な果実酒をいただいているかのよう(もちろん、密はお酒ではありませんが)。口にすると、健康飲料にありがちなくどさは全くなく、爽やかな酸味とほのかな甘みでゴクゴク飲めます。これなら毎朝出勤前の寝ぼけた頭をリフレッシュさせるのにもいいですね。肌がみずみずしさを取り戻したような気分になりますよ。

 つづいて生姜をお湯割りで。こちらは生姜の他に蜜柑(ミカンの皮)やオリーブの葉、ローズマリー、高麗人参、鳩麦などを含んでいていかにもカラダが暖まりそう。

 粉末の生姜湯は寒い季節に時折購入して飲んでいるのですが、この「密」では医薬品メーカーが輸入している生薬の生姜(しょうきょう)の規格をクリアしたものだけを使っているとのこと。カップにお湯を注いで飲んでみると、みるみるうちにカラダがほっこり。まるで血の流れが良くなったみたいに、手足まで熱が行き渡る感じ! 寝起きに飲むのはもちろん、帰宅後のリラックスタイムにも良いかも。


■母の日ギフトも登場

 なおこの「密」ですが、来る母の日に向けたスリムマグ付きのギフトボックス「母の日ギフト」が大正製薬ダイレクト(直販サイト)で発売されるそうです。組み合わせは「柘榴/生姜」「柘榴/西洋梨・王乳」「柘榴/蔓苔桃」「柘榴/西洋李・ドクダミ」「柘榴/柘榴」の5種類。発売は4月13日、価格は5250円で送料無料!数量限定だそうです。私は母の日といえばいつもカーネーションなのですが、今年は趣向を変えて「密」を送ってみようかしら。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top