シャープ、液晶テレビ「AQUOS」にフィットする壁寄せ薄型シアターラックシステム | RBB TODAY

シャープ、液晶テレビ「AQUOS」にフィットする壁寄せ薄型シアターラックシステム

IT・デジタル テレビ

液晶テレビ「AQUOS」を取り付けた「AN-AS6000」の利用イメージ(テレビは別売)
  • 液晶テレビ「AQUOS」を取り付けた「AN-AS6000」の利用イメージ(テレビは別売)
  • 「AN-AS6000」本体と付属のリモコン
  • 液晶テレビ「AQUOS」を取り付けた「AN-AS5000」の利用イメージ(テレビは別売)
  • 液晶テレビを取り付け「AN-AS5000」を壁寄せでスリムに設置できるイメージ(テレビは別売)
 シャープは8日、液晶テレビ「AQUOS(アクオス)」にフィットする壁寄せ薄型デザインのシアターラックシステムの2機種を発表した。価格はオープン。

 2機種のラインアップと販売開始日/予想実売価格として、60型液晶テレビ用「AN-AS6000」が6月10日発売/130,000円前後、52~40型用「AN-AS5000」が3月25日/90,000円前後。

 両製品は、液晶テレビ「AQUOS」用シアターラックシステム「AQUOSオーディオ」の新製品で、壁に寄せて使用するスタイルのモデル。スタンド部を除く本体の最薄部が95mmという薄型テレビにマッチするスリムデザインとした。

 音質面では、前後に振動を判知することで音を全方向に放射する「HVTスピーカー」を採用。キャビネットに振動が伝わりにくい独自構造を用いることで、部屋全体にクリアな音響を生みだすという。75W×2のフロントスピーカーに加え、薄型16cmユニットの150Wサブウーハーを搭載し、合計の最大出力は300Wとした。

 そのほかの特長として、HDMI Ver.1.4の「3Dパススルー」と「オーディオリターンチャンネル(ARC)」機能に対応。液晶テレビ「AQUOS」のリモコンで操作できる「AQUOSファミリンクII」にも対応し、視聴番組に応じてサウンドモードが切り替わる「ジャンル連動」機能を備えた。レコーダーの「AQUOSブルーレイ」などを下部に収納できる。

 インターフェースはHDMI音声入力×2/角型光入力/HDMI映像出力/3.5mmステレオミニなど。本体サイズ/重さは、「AN-AS6000」が幅1,383×高さ584×奥行き383mm/未定、「AN-AS5000」が幅938×高さ575×奥行き357mm/約31kg。付属品はリモコン/HDMIケーブル/電源コード×/液晶テレビ固定用部品一式/取付工具一式/固定金具用カバー×2/本体裏カバーなど。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top