アイボックス、声・写真・文字・地図をまとめてメールできるアプリ「災害119」提供開始 | RBB TODAY

アイボックス、声・写真・文字・地図をまとめてメールできるアプリ「災害119」提供開始

エンタープライズ モバイルBIZ

「災害119」起動画面
  • 「災害119」起動画面
  • 「災害119」動作画面
  • 「声・写真・文字・現在地」の4つの情報をまとめることが可能
  • 現在地地図も含めることができる
  • 「災害119」の概要
  • 「災害119」の概要
 アイボックスは2日、災害時の緊急連絡として「声・写真・文字・現在地」の4つの情報を伝えることができるAndroidアプリ「災害119」の提供を開始した。Android Marketより無料でダウンロードが可能。

 「災害119」とは災害時や緊急時に、Androidスマートフォンを使って「声・写真・文字・現在地」の4つの情報をまとめて、あらかじめ登録してある家族や友人などにワンタッチでメール送信できるアプリ。送信先は10人まで登録が可能。また“探索モード”を使用すれば、万が一、連絡の取れない人がいた場合、予め許可した者同士であれば、探索先相手の『災害119』を自動的に起動させ、その人の周囲の音声と写真、位置情報を自動収集して、メールにより探索元へ返信させることも可能となっている。

 アイボックスは、「写真・音声・文字・位置」各情報を1つにまとめた新しいファイル形式「SoundsShot(サウンズショット)」を開発しており、その技術を活用し「災害119」を開発したとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top