UQ WiMAX、薄型11.8mm・軽量約86g・約9時間駆動のモバイルルータ | RBB TODAY

UQ WiMAX、薄型11.8mm・軽量約86g・約9時間駆動のモバイルルータ

IT・デジタル フォトレポート

11.8mmスリムボディの「URoad-SS10」
  • 11.8mmスリムボディの「URoad-SS10」
  • 約86gの軽量ボディ
  • レッド
  • ブラック
  • ホワイト
 UQコミュニケーションズは、WiMAXルータ「WiMAX Speed Wi-Fi」で新たに「URoad-SS10」を発表した。同社直販サイトで販売開始は3月9日。価格は17,800円。「UQ Flat年間パスポート」を契約した場合は4,800円で、月額利用料は3,880円。

 「URoad-SS10」は、2011年5月発売のWiMAXモバイルルータ「URoad-8000」の後継機(ともにシンセイコーポレーション製)。本体サイズが幅90×奥行き63mm、重さが約86gの小型軽量ボディで、高さ11.8mmは業界最薄クラスの薄さをうたう(スマートフォンを除く、2月現在メーカー調べ)。本体カラーはレッド/ブラック/ホワイトの3色を用意。

 内蔵バッテリはスタミナ性能を高め、連続駆動(通信)時間は約9時間、連続待ち受け時間は約20時間、連続待機時間は約250時間とした。同時接続台数は10台(SSIDあたり5台まで、SSIDは2つ)。無線LAN規格は802.11b/g/n。付属品はACアダプタ/USBケーブルなど。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top