WiMAX、累計契約数が1,000万件を突破 | RBB TODAY

WiMAX、累計契約数が1,000万件を突破

 UQコミュニケーションズは7日、同社のデータ通信サービス「UQ WiMAX」の累計契約数が4月30日時点で1,000万を突破したことを発表した。

ブロードバンド 回線・サービス
累計契約数の推移
  • 累計契約数の推移
  • 1000万件突破の記念写真(【左】UQ代表取締役社長の野坂章雄氏、【右】副社長の野澤孝夫氏)
  • WiMAXの普及速度(2013年2月までのデータ)
 UQコミュニケーションズは7日、同社のデータ通信サービス「UQ WiMAX」の累計契約数が4月30日時点で1,000万を突破したことを発表した。

 「UQ WiMAX」は、モバイルWiMAX(IEEE802.16e)技術を使ったデータ通信サービスとして、2009年2月26日に、モニター5,000名からスタート。2011年6月15日に100万契約を突破、2012年7月17日に300万契約を突破した。以降も着実に普及したが、2014年5月以降は、「WiMAX 2+」がスマートフォンに搭載されたことにより、急速に普及した。現在、人口カバー率は約94%となっている。

 現在同社では、「ギガヤバ 移住計画」の一環として、WiMAX(WiMAX 2+非搭載)機器ユーザー向けに、9月30日までにWiMAX 2+に機種変更した場合、「ギガ放題」が月額3,696円のまま2年間利用できる「WiMAX 2+への機種変更に限定した割引料金」を提供中。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top