NEC、LTEフェムトセル基地局を販売開始……企業・家庭向けの屋内2タイプ | RBB TODAY

NEC、LTEフェムトセル基地局を販売開始……企業・家庭向けの屋内2タイプ

ブロードバンド テクノロジー

LTEフェムトセル基地局(左:個人向けタイプ、右:企業向けタイプ)
  • LTEフェムトセル基地局(左:個人向けタイプ、右:企業向けタイプ)
  • 「Mobile World Congress2012」サイト(画像)
 日本電気(NEC)は22日、LTEフェムトセル基地局を、通信事業者向けに販売開始した。新製品は、端末の同時接続数が約30台の企業向けと、約16台の家庭向けの2タイプ。

 このLTEフェムトセル基地局は、屋内のブロードバンド回線を通して、通信事業者のコアネットワークに接続するとともに、基地局と端末の間はLTEで接続するものとなる。初期設定などの作業が不要なプラグ&プレイを実現。さらに、屋外のLTE基地局など異なるネットワークのなかに設置した場合でも、自動で電波の干渉を制御する技術を採用することで、高い通信品質を実現したのが特徴。出荷は2012年第2四半期の予定となっている。

 NECはこれまで、グローバルで18の通信事業者とフェムトゲートウェイから基地局までトータルで提供するフェムトセルシステムの納入契約、39件のトライアルを実施している。特に、海外ではRAN-GW方式(Radio Access Network-GateWay、通信事業者の既存コアシステムに接続する方式)に力を入れているとしている。なお、NECは、新製品を、本年2月27日から3月1日までスペイン・バルセロナで開催される「Mobile World Congress2012」のNECブースにて展示する予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top