ソニー、3D対応液晶一体型「L」シリーズ最上位など「VAIO」春モデルに3機種を追加 | RBB TODAY

ソニー、3D対応液晶一体型「L」シリーズ最上位など「VAIO」春モデルに3機種を追加

 ソニーは21日、個人向けデスクトップPC「VAIO」の2012年春モデルに液晶一体型の「L/J」シリーズ3機種を追加した。販売開始は3月3日。価格はオープン。

IT・デジタル デスクトップPC
「VPCL249FJ/B(ブラック)」
  • 「VPCL249FJ/B(ブラック)」
  • 「VPCL248FJ/WI(ホワイト)」
  • 「VPCJ236FJ/W(ホワイト)」
  • 「VPCJ236FJ/B(ブラック)」
 ソニーは21日、個人向けデスクトップPCVAIO」の2012年春モデルに液晶一体型の「L/J」シリーズ3機種を追加した。販売開始は3月3日。価格はオープン。

 予想実売価格は、24型液晶「L」シリーズの3D対応「VPCL249FJ/B」が250,000円前後、3D非対応「VPCL248FJ/WI」が220,000円前後、21.5型液晶「J」シリーズの「VPCJ236FJ/W・B」が120,000円前後。ソニーストアでも取り扱う。

■24型フルHD液晶一体型「L」シリーズ

 「L」シリーズの2012年春モデルは、「VPCL247FJ/WI・BI」を2月18日に発売しているが、今回、その上記機種となる「VPCL249FJ/B(ブラック)」と「VPCL248FJ/WI(ホワイト)」を追加。「VPCL247FJ/WI・BI」との違いで両機種はCore i7-2670QM(4コア/2.2GHz)/8GBメモリ/7,200rpmの2TB HDDを搭載した。NVIDIAの専用グラフィックスを装備しており、「VPCL249FJ/B」は専用メモリ1GBのGeForce GT 540M、「VPCL248FJ/WI」は同512MBのGeForce 315Mとなる。

 最上位の「VPCL249FJ/B」はフレームシーケンシャル方式の3Dに対応し、付属の3Dメガネを通して立体視の効果を楽しむことが可能。サイドバイサイド方式の3Dテレビ放送にも対応する。また、タッチパネルを採用した。

 その他は発売済みの「VPCL247FJ/WI・BI」と同様で、電源OFFの状態からOSを起動することなく素早くテレビを視聴できる「スグつくTV」機能に対応した地上1波のデジタルテレビチューナーを1基と、ダブルの地上・BS・CSデジタルテレビチューナーを搭載。番組視聴中に別の裏番組録画や2番組同時録画に対応する。

 BDXL対応のBlu-rayディスクドライブ(DVDスーパーマルチ機能付き)と5.5W×2のステレオスピーカー、モノラルマイク、「Exmor(エクスモア)」CMOSセンサー搭載の131万画素Webカメラを内蔵する。

 OSはWindows 7 Home Premium 64ビット版 SP1、インターフェースはHDMI入力・出力(「VPCL249FJ/B」は3D対応)/USB3.0×2/USB2.0×3/3.5mmステレオミニ/ビデオ入力/メモリカードスロットなど、ワイヤレスは802.11b/g/nとBluetooth 3.0+HS。本体サイズは幅608×高さ429~439×奥行き168~187mm、重さは約11.7kg(「VPCL249FJ/B」は約12kg)。付属品は3Dメガネ(「VPCL249FJ/B」のみ)/マルチリモコン/ワイヤレスマウス/ワイヤレスキーボードなど。

■21.5型フルHD液晶一体型「J」シリーズ

 「J」シリーズの2012年春モデルは、「VPCJ238FJ/L・W・B」(実売160,000円前後)を2月18日に発売しているが、今回、価格を抑えた「VPCJ236FJ/W・B(ホワイト/ブラック)」を追加した。CPUはPentium B960(2.2GHz)、地デジチューナーは地上1波のみ、HDD容量は1.5GB、光学ドライブはDVDスーパーマルチ(2層書き込み対応)となる。

 その他は同様で、OSはWindows 7 Home Premium 64ビット版 SP1、メモリは4GB、インターフェースはUSB3.0×2/USB2.0×2/3.5mmステレオミニ/メモリカードスロットなど、ワイヤレスは802.11b/g/nとBluetooth 4.0+HS。2W×2のステレオスピーカー/モノラルマイク、131万画素Webカメラを内蔵する。

 本体サイズは幅525×高さ398~366×奥行き185~310mm、重さは約8kg。付属品はマルチリモコン/ワイヤレスマウス/ワイヤレスキーボードなど。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top