7万円台で2,592×1,944ピクセルの高画質で記録可能なマイクロスコープ | RBB TODAY

7万円台で2,592×1,944ピクセルの高画質で記録可能なマイクロスコープ

IT・デジタル その他

「Dino-Lite Premier2 S Polarizer」
  • 「Dino-Lite Premier2 S Polarizer」
  • ピント・倍率の調整
  • 使用イメージ
  • パソコンへの接続イメージ
 サンコーは高画質マイクロスコープ「Premier」シリーズの「Dino-Lite Premier2 S Polarizer」の販売を開始した。同社直販サイト価格は74,800円。

 同製品は約500万画素のセンサーを搭載し、2,592×1,944ピクセルの高画質で観察と撮影が可能なマイクロスコープ。従来の「Premier」シリーズと比べても約3.8倍の解像度を持ち、精密な観察ができるという。

 パソコンへUSB接続することでディスプレイ上に静止画/動画を表示。専用のソフトウェア「Dino Capture 2.0」を併用することで、対象物の大きさや角度の測定や、測定データをEXCELにエクスポートすることができる。

 倍率は10~230倍に拡大ができる。ピントと倍率の調整は本体のダイヤルを回すことで行なえる。また、本体には剛性が高いアルミ合金の「精密ダイキャストボディ」を採用。ケーブルにも断線防止処理を加えている。

 おもな仕様として、対応OSはWindows 7/Vista/XP、Mac OS X(10.5以降)。本体サイズは直径32×高さ104mm、重さは146g。付属品はキャリブレーションシート/スタンド/アダプタなど。
《丸田》

関連ニュース

特集

page top