ペンタックス、水深12m・顕微鏡撮影が可能なタフデジカメ……裏面照射型CMOS新搭載 | RBB TODAY

ペンタックス、水深12m・顕微鏡撮影が可能なタフデジカメ……裏面照射型CMOS新搭載

IT・デジタル デジカメ

「Optio WG-2 GPS」シャイニーオレンジ
  • 「Optio WG-2 GPS」シャイニーオレンジ
  • 「Optio WG-2 GPS」グロスホワイト
  • 「Optio WG-2」バーミリオンレッド
  • 「Optio WG-2」オールブラック
  • 背面のディスプレイと操作部
  • マクロスタンドを使い1cmの接写が可能な「顕微鏡モード」のイメージ
 ペンタックスリコーイメージングは8日、同社製コンパクトデジカメ「Optio(オプティオ)」初の裏面照射型CMOS搭載モデルを2機種発表した。販売開始は3月中旬。価格はオープンで、予想実売価格は、「Optio WG-2 GPS」が40,000円前後、「Optio WG-2」が30,000円台半ば。

 「Optio WG-2 GPS」はGPS搭載、「Optio WG-2」はGPS非搭載のコンパクトデジカメで、「Optio WG-1 GPS」(GPS搭載)と「Optio WG-1」(非GPS搭載)の後継機。「Optio WG-2 GPS」と「Optio WG-2」では裏面照射型CMOSイメージセンサを採用しており、有効画素数1,600万画素で撮像素子は1/2.3型CMOS、画像処理エンジンは超解像に対応し、従来機に比べ高画質撮影を可能とした。動画撮影機能もフルHDに対応する。

 「Optio W」シリーズの特長として防水・防塵・耐衝撃性能を備えるが、従来機との比較で防水性能(IPX8、JIS保護等級8相当に準拠)は連続2時間の水中撮影が可能な水深が10mから12mへ向上。1.5mからの耐落下衝撃性能やIP6X(JIS保護等級6)相当の防塵性能、マイナス10度の耐寒構造、100kgf(重量kg)までの重さに耐える耐荷重構造とした。

 ズームは35mm判換算で広角28mmから望遠140mmまでの光学5倍に対応。撮影距離範囲がレンズから1cmのマクロ撮影が可能で、肉眼では見づらい微細なミクロの画像を撮影できる「デジタル顕微鏡」モードを搭載するほか、同モード時に明るさを確保できるLED補助光を6灯、レンズ周辺に配置する。

 「Optio WG-2 GPS」に搭載するGPS機能では新型のGPSモジュールを採用。測位開始までの時間を短縮したほか、測位ログデータをKMLファイル形式で保存するログ機能の使用可能時間を改善。撮影時の位置情報やアウトドアでの移動記録をGoogle Earth等と連携できる。

 液晶ディスプレイは3型、約88.2MBメモリを内蔵するほか外部記録メディアはSD/SDHC/SDXCカードに対応。インターフェースはバッテリはリチウムイオン充電池。

 本体カラーは、「WG-2 GPS」がシャイニーオレンジ/グロスホワイトの2色、「WG-2」がバーミリオンレッド/オールブラックの2色。本体サイズは幅122.5×高さ61.5×奥行き29.5mm(突起部等除く)、バッテリ/SDカードを含む重さは、「WG-2 GPS」が約198g、「WG-2」が約194g。付属品は専用バッテリ/バッテリ充電器/ACコード/USBケーブル/カラビナストラップ/マクロスタンドなど。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top