UQ WiMAX、横浜市営地下鉄でもサービス開始へ……都内では三田線神保町駅のエリア化が完了 | RBB TODAY

UQ WiMAX、横浜市営地下鉄でもサービス開始へ……都内では三田線神保町駅のエリア化が完了

ブロードバンド 回線・サービス
横浜市営地下鉄 路線図
  • 横浜市営地下鉄 路線図
  • UQコミュニケーションズ野坂社長
  • 大手町~神保町間で利用可能
  • エリア通知メールサービス
  • WiMAX利用可能を知らせるシール
  • 三田線大手町駅ホームに設置されている指向性アンテナ
  • 改札付近の無指向性アンテナ
 UQコミュニケーションズは30日、横浜市営地下鉄の駅や列車内でWiMAXサービスが利用できるように、エリア整備を進めていくことが決まったと発表した。

 まず2月末に、横浜市営地下鉄グリーンラインの「都筑ふれあいの丘」駅でサービスを開始、それから順次エリアを拡大し、8月末までには全路線区間をエリア化する予定とのこと。ちなみに、センター北駅やセンター南駅、新羽駅など、地上駅に関してはすでにWiMAXサービスが使用可能となっている。

 都内については、昨年末にエリア化した都営三田線の大手町駅に続き、その隣の駅である三田線神保町駅のエリア化を本日完了。これにより、それぞれの駅構内だけでなく、大手町~神保町間のトンネルでも利用可能となった。UQコミュニケーションズの野坂社長によると、この両駅の間は線路の湾曲が大きいため、一部途切れてしまう部分もまだあるが、今後改善し、完璧にしていきたいとのこと。

 また、エリアの拡充情報について、これまではユーザー側からUQのホームページにアクセスしなければ確認できなかったが、エリア拡充情報をメールで届ける「エリア通知メールサービス」を本日開始した。ユーザーは事前にメールアドレスを登録することで、希望する都道府県(5つまで)のエリア拡充情報を即座に知ることが可能となった。
《白石 雄太》

関連ニュース

特集

page top