横浜市営地下鉄と横浜市営バス、公衆無線LANが利用可能に……「au Wi-Fi SPOT」を導入 | RBB TODAY

横浜市営地下鉄と横浜市営バス、公衆無線LANが利用可能に……「au Wi-Fi SPOT」を導入

 KDDIと沖縄セルラーは30日、横浜市営地下鉄の駅構内(改札口付近やホーム)において公衆無線LANサービス「au Wi-Fi SPOT」の提供を開始した。横浜市営地下鉄は、ブルーライン・グリーンライン合わせて、1日約60万人が利用している。

エンタープライズ モバイルBIZ
横浜市営地下鉄路線図
  • 横浜市営地下鉄路線図
  • サービス開始予定
 KDDIと沖縄セルラーは30日、横浜市営地下鉄の駅構内(改札口付近やホーム)において公衆無線LANサービス「au Wi-Fi SPOT」の提供を開始した。横浜市営地下鉄は、ブルーライン・グリーンライン合わせて、1日約60万人が利用している。

 「au Wi-Fi SPOT」は、パケット通信料定額サービス「ISフラット」もしくは「プランF(IS)シンプル/プランF(IS)」に加入していれば、auスマートフォンから無料で利用できる公衆無線LANサービス。30日より「センター北」「センター南」「新羽」「川和町」の各駅で利用可能となった(「iPhone 4S」は、3月下旬より対応予定)。利用可能な駅は順次拡大し、2012年8月末までに横浜市営地下鉄の全40駅で利用可能となる予定。

 また2月1日より、横浜市営バスの一部路線において、バス車内での公衆無線LANサービスを実証実験として開始する。一般の路線バスとしては国内初。4月30日までの期間、観光スポット周遊バス「あかいくつ」、市営バス111系統(上大岡駅前~港南台駅前)でWi-Fiサービスを提供する。

 今後もKDDI、沖縄セルラーは、「au Wi-Fi SPOT」の拡大を進め、2012年3月末には約10万スポットで利用可能とする予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top