パナソニック、実写の街並みでナビする「旅ナビ」……歩行専用地図も新搭載 | RBB TODAY

パナソニック、実写の街並みでナビする「旅ナビ」……歩行専用地図も新搭載

 パナソニックは17日、ポータブルナビ(PND)「旅ナビ」で新たに歩行専用案内地図と新「街並みスコープ」を搭載した「CN-SG510」を発表した。販売開始は2月10日。価格はオープンで、予想実売価格は60000円前後。

IT・デジタル スマートフォン
手のひらサイズの「CN-SG510」
  • 手のひらサイズの「CN-SG510」
  • 「CN-SG510」
  • ガイドブック表示例
  • カメラに写る実写の街並みにナビを表示する新「街並みスコープ」のイメージ
 パナソニックは17日、ポータブルナビ(PND)ナビ」で新たに歩行専用案内地図と新「街並みスコープ」を搭載した「CN-SG510」を発表した。販売開始は2月10日。価格はオープンで、予想実売価格は60,000円前後。

 「旅ナビ」は、カーナビと歩行ナビの機能を兼ね備えた旅行向けトラベルナビゲーション。「CN-SG510」では新たに歩行専用案内地図を搭載し、階段や歩道橋、公園、駅構内など、歩行専用のルートでのナビゲーションに対応した。歩行用地図には全国1,002都市で10m縮尺の市街地図を採用。16GB microSDHCカードに歩行用詳細地図・ガイドブックデータを収録する。

 歩行モードは画面の位置が縦/横の両方に対応。案内ルートは「にぎやかな通り優先/屋根の多い通り優先/歩き易さ優先/カロリー消費優先/おまかせ」の5タイプから選択可能。ナビゲーションの際に事前設定したジャンルのスポットを案内する「寄り道コンシェルジュ」機能を装備する。

 電子コンパスとGPS、カメラ、地図を連携させた新「街並みスコープ」機能を搭載し、カメラを進行方向に向けると、そこに写る実写の街並みに目的地までの方向を示す矢印を表示。カメラを向けた方向にある施設・地形・ランドマークなどの名称も同時に表示する。

 また、施設にカメラを向けてシャッターを切るとガイドブック情報を表示する「何これカメラ」機能を装備。昭文社「MAPPLEガイド」データ約100冊分、全国約73,000件の施設情報をmicroSDHCカードにプリインストールし、47都道府県別のガイドブックから情報検索できるほか、気になるスポットにデータ上で「付箋」が貼り付けられる機能も備えた。

 そのほかの機能として、カーナビとして利用する際には付属の車載用吸盤スタンドを使って簡単に車内へ取り付け可能。ワンセグ放送の視聴/録画に対応し、SDカード内のMP3/WMAファイルの音楽再生も楽しめる。

 解像度680×391ピクセルの5型タッチ液晶ディスプレイを搭載し、内蔵スピーカーの出力は定格1W/最大1.5W。内蔵カメラの画素数は200万画素、撮像素子は1/4型CMOSセンサー、記録メディアはSD/SDHCカード、記録形式はJPEG。バッテリの連続駆動時間は、ナビゲーション時が約2時間40分(省電力モード時は約6時間)、ワンセグ時が約2時間50分。給電はシガーライターコード/ACアダプタ。本体サイズは幅152×高さ92×奥行き18.5(最薄部17)mm、重さは249g。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top