【NEC iEXPO 2011(vol.1)】ビジネスタブレット「LifeTouch B」の利用イメージを解説 | RBB TODAY

【NEC iEXPO 2011(vol.1)】ビジネスタブレット「LifeTouch B」の利用イメージを解説

IT・デジタル モバイル

【NEC iEXPO 2011(vol.1)】ビジネスタブレット「LifeTouch B」の利用イメージを解説
  • 【NEC iEXPO 2011(vol.1)】ビジネスタブレット「LifeTouch B」の利用イメージを解説
  • NEC LifeTouch B
  • オプションでクレイドルもラインナップするため下部に接点が見える。なお、左の2つある凹部は製品版ではなくなるとのこと
  • アイ面にはオートフォーカス機能付きカメラ(5MP)、電池カバーは 外せる仕様になった
  • 【NEC iEXPO 2011(vol.1)】ビジネスタブレット「LifeTouch B」の利用イメージを解説
  • 【NEC iEXPO 2011(vol.1)】ビジネスタブレット「LifeTouch B」の利用イメージを解説
 NECは9日、Androidタブレット「LifeTouch シリーズ」のビジネス向け新端末「LifeTouch B」を発表した。「LifeTouch B」は、これまでのラインナップである1シートタブレットタイプの「LifeTouch」、ブック型2画面タイプの「LifeTouch W」、ラップトップPC型「LifeTouch NOTE」の3製品に続く新モデルだ。

 ビジネス用途にフォーカスした機能・デザインを採用した新モデルを投入し、LifeTouch活用のフィールをさらに広げていくことが狙い。

 LifeTouch Bは基本的にビジネス向けではあるが、NECとしてはBtoBtoC向けにカスタマイズするSI的なサービス・対応も行っていくとのことで、すでにCATVや住宅メーカー向けのHEMS(Home Energy Management System)表示端末としての利用を交渉中だという。

 10日より東京国際フォーラムで開催されるNECの「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2011」ではLifeTouchのPRブースも設けられ、それぞれの端末の利用事例や特徴なども解説されている。

《北島友和》

関連ニュース

特集

page top